妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのお世話

赤ちゃんのために何ができるでしょうか。親として何をしてあげることがいいのでしょうか。

新着記事一覧

アイコン
離乳食が始まって数ヶ月すると、赤ちゃんが手づかみでごはんを食べるようになります。着ている服や床が汚れたりしますが、赤ちゃんにとっては食べる意欲を育てるためにとっても大切な行為なんで...⇒続きを読む
アイコン
離乳食をこれからに控えているママ・パパは「離乳食って、いつから始めたらいいのだろう?」と思われてる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。離乳食の開始時期についてご紹介いたしま...⇒続きを読む
アイコン
食べ物以外のものを、誤って飲み込んでしまうことを『誤飲』と言います。5歳以下の誤飲による事故はとても多く、家庭用品の化粧品やたばこなど、身の回りにある様々なものが原因となりま...⇒続きを読む
アイコン
「赤ちゃんの体調を崩さないように」と努めるのはとっても大事で良いことです。それだけではなく、「体調の崩れにどれだけ早く気付いてあげれるか」も大切なことです。赤ちゃんの誤飲は、不慮の事故のうちほとんどを占める原因です...⇒続きを読む
アイコン
赤ちゃんがすくすくと育ったら、たまにはお散歩をしたり、一緒におでかけをしたいもの。うちもそろそろおでかけデビューをしても良いかも?と思っているママもいらっしゃるのでは?そうは言っても、いきなり公園や遠出に連れていくのはNG。赤ちゃん連れのおでかけは、月齢に合わせて少し...⇒続きを読む
アイコン
産まれたばかりの赤ちゃんは、多い場合は1日10回以上おしっこをします。うんちの回数は赤ちゃんによっても差はありますが、おしっこの度にうんちをすることも珍しくありません。汚れたままのおむつはデリケートな肌への刺激になって、おしりはすぐにかぶれて赤くなってしまいます...⇒続きを読む
アイコン
赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかきなうえに、うんちやおしっこなどで体が汚れるので、必ず毎日お風呂に入れさせるのが、ママの日課。しかし、赤ちゃんは抵抗力が弱いためおへそが乾く生後1ヶ月過ぎまでは、大人と一緒にお風呂に入ることは避けた方がベター。そこで、ベビーバスなどを...⇒続きを読む
アイコン
お子さまが自立した大人になるために、基本的な生活習慣などは小さいころから意識 させて定着させたいもの。特に歯磨きは大切な赤ちゃんの歯を虫歯から守るために も、毎日の習慣として定着させたいですよね。ただし、焦る必要はありません...⇒続きを読む
アイコン
おっぱい育児をしていると、「ママが病気になった場合の授乳はどうする?」「乳腺炎になってしまった」などなど様々なお悩みや疑問が出てきますよね。ここでは、ママさんに多いお悩みについてお話していきま...⇒続きを読む
アイコン
赤ちゃんは自分でげっぷをすることができません。でも、げっぷをしないでいると赤ちゃんの胃の中は逆流して飲み込んだ母乳やミルクを戻してしまいます。上手にげっぷをさせてあげると、赤ちゃんも飲み込んだ空気を出すことができ、息苦しさから解放され...⇒続きを読む
アイコン
赤ちゃんが誕生すると、さっそく授乳のスタート!スムーズに授乳ができるように、新米ママも初めて出産を迎えるママも授乳の手順についてしっかり予習をしておきましょ...⇒続きを読む
アイコン
赤ちゃんが産まれたらママとしては、やっぱりミルクじゃなくておっぱいで育てていきたいですよね。赤ちゃんが誕生したその日からしっかりおっぱいがあげられるように、授乳の基本を確認しておきましょ...⇒続きを読む
アイコン
おなかの中の赤ちゃんは、通常頭を下にした状態(頭位)で、羊水に浮かんでいます。それに対して頭を上にして、足やおしりが子宮口の近くにある状態を「逆子」と言います。妊娠28週ごろまで、赤ちゃんはおなかの中で活発に動いているため、半数ぐらいの赤ちゃんは逆子の状態で...⇒続きを読む
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.