妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 赤ちゃんのお世話 > 初めての沐浴 入れ方手順

育児

沐浴

初めての沐浴 入れ方手順

新陳代謝の盛んな赤ちゃんをすっきり沐浴!手順を覚えて楽しくお風呂に入ろう!
赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかきなうえに、うんちやおしっこなどで体が汚れるので、必ず毎日お風呂に入れさせるのが、ママの日課。
しかし、赤ちゃんは抵抗力が弱いためおへそが乾く生後1ヶ月過ぎまでは、大人と一緒にお風呂に入ることは避けた方がベター。そこで、ベビーバスなどを使って手早く洗ってあげることを、「沐浴」といいます。

沐浴は、血液の循環を良くすることももちろんですが、赤ちゃんとの楽しいスキンシップの時間でもあります。しっかりと手順を把握して、退院の日から楽しく沐浴できるように備えておきましょう。

沐浴時に必要なものと準備したいもの

沐浴 イラスト
まずは、赤ちゃんが安全に、そして気持ち良く快適に沐浴ができるよう、沐浴に必要なものを揃えておきましょう。

●沐浴に必須な準備物
①ベビーバス

大きめのゆったりタイプ、キッチンや洗面台のシンクにセットして使うタイプなどがあります。排水栓があるもの、ひじをおいて安定させられるもの、石けんなど小物置きがあるものなど、商品によってさまざまな工夫があるみたい。
②湯温計

お湯の温度は夏は38~39度、冬は40~41度が目安です。途中で冷めたときもこれでチェックできます。
温度計 イラスト
③ソープ・シャンプー

ベビー用の低刺激のものを。ソープは固形、液状、泡状のものがあります。泡タイプは出してすぐ使えるのでオススメです。
④ガーゼ・スポンジ

やわらかいガーゼやスポンジでやさしく洗い上げます。
ガーゼ イラスト
●あると便利な準備物
①沐浴用ガーゼ

赤ちゃんを裸のままお湯につけると、なぜかお風呂を怖がって泣くことが多いのです。 そんなときに使うのが、沐浴用ガーゼ。
ガーゼがかかっていることで安心して泣きやむのだそう。2~4枚あれば心配ないでしょう。
②洗面器

すすぎ、上がり湯用の洗面器も用意すると良いでしょう。もちろん、今まであるものでもOKですが、沐浴以外におしりを洗ったりと使えるので、赤ちゃん用に用意しておいても良いかもしれませんね。
沐浴 手順
沐浴のタイミングは、授乳と授乳の間の、赤ちゃんの機嫌が良い時間帯を選んでください。授乳から30分は時間を空けるようにします。
生活リズムを作るために、授乳のタイミングに合わせて沐浴の時間を決め、毎日同じ時間に入れるようにするのがオススメです。
沐浴 開始
①衣類をセットする
座布団などの上に服と肌着を重ねておき、おむつをセットします。
すぐに使えるよう、バスタオルは広げて用意。

②ベビーバスにお湯を入れる
きれいに洗ったベビーバスにお湯を入れます。
上がり湯用のお湯は大きめの洗面器に入れておきましょう。

③お湯の温度を確認する
準備しておいた湯温計を使うとき。少し熱めのお湯に水を足して調整すると良いでしょう。

④服を脱がせる
広げたバスタオルの上に寝かせ、服を脱がせます。
不安にならないよう、体の上にガーゼなどを1枚かけてあげてもOK。

沐浴の流れとは

沐浴 開始
沐浴 開始
①お湯に入れる
足の方からゆっくりお湯につけ、首から下を入れます。
足がベビーバスの底や側面に触れるようにすると安定します。


沐浴 開始

②顔を洗う
ガーゼを絞って目がしらから目じりを拭きましょう。
次に、泡立てた石けんで洗い、濡らしたガーゼで拭き、流しましょう。


沐浴 開始
③頭を洗う
頭にお湯をかけてぬらし、泡立てた石けんで地肌を洗います。
洗い終えたらぬらしたガーゼで石けんを落とします。



沐浴 開始 ④体を洗う
あおむけの状態で首、手、わき、おなか、足を洗い、股間も洗います。
もものつけ根や、首やわきの下などの、くびれのしわの部分は、
特に汗や汚れのカスがたまりやすいのでくびれを伸ばすようにして、
丁寧に洗いましょう。その後ゆっくりと体をうつぶせにして背中を洗います。
うまくうつぶせにできなければ仰向けのままでもOK。

沐浴 開始
⑤おしり・性器を洗う
親指の腹でおしりや性器をやさしく洗います。
おしりはうんちで汚れているので、とくに丁寧に洗ってあげて。



沐浴 開始 ⑥上がり湯ですすぐ
洗面器にあらかじめ用意したお湯を、赤ちゃんの顔からそっとかけます。
顔にかかっても心配はありません。(沐浴剤の場合はすすぎ不要)
この行程を、5分くらいで手早く終わらせるようにしましょう。あまり長湯をしてしまうと、赤ちゃんが疲れてしまいます。なるべく暖かいお部屋で入れてあげるのがベストです。夏など、エアコンで冷えたお部屋だと湯冷めしやすくなるので気をつけて。
また、デリケートな肌にとって汚れは刺激のもとになるので、毎日の沐浴で肌をきれいに保ってあげるのが良いですが、熱があるなど病気のときは例外です。おしりを部分洗いしたり、沐浴の代わりにガーゼなどでやさしく汚れを拭き取ってあげるなどして、清潔にしてあげましょう。

沐浴の手順をしっかりと覚えて、沐浴タイムを楽しんでくださいね。

記事の参考サイト

■babys room net
■ママの初めてレッスン:初めての沐浴・お風呂
■あっぷ~初めての育児

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
初めての沐浴は、難関です。赤ちゃんが滑ってしまわないか、お湯が熱くないだろうか、湯あがり寒くないだろうかなど大変です。初めからうまくいきませんが、あらかじめ予習しておくことをお奨めします。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.