妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 赤ちゃんのお世話 > 赤ちゃんが誤飲しやすいものと対処法

育児

誤飲

赤ちゃんが誤飲しやすいものと対処法

赤ちゃんの不慮の事故の大半を占めるのは、誤飲が原因になります。
赤ちゃん 泣き イラスト 「赤ちゃんの体調を崩さないように」と努めるのはとっても大事で良いことです。
それだけではなく、「体調の崩れにどれだけ早く気付いてあげれるか」も大切なことです。赤ちゃんの誤飲は、不慮の事故のうちほとんどを占める原因です。
危険な誤飲事故を防ぐために、気をつけたいこと、対処法をご紹介します。

物質別対応一覧

除光液や灯油
何も飲ませず、吐かせず、すぐに病院へ!
すぐに体内に吸収されなくても、気化した灯油によって肺が悪くなってしまう事があります。何も飲ませず、吐かそうともせず、急いで病院へ行きましょう。無理に吐かせようとすると、ガスを吸い込んで肺を悪くしてしまいます。
コインやボタン電池
何も飲ませず、吐かせず、病院へ!
なにもせずに、病院へ受診しにいきましょう。ずっと嗚咽が続く場合には、喉にひっかかっている場合も考えられます。ボタン電池は食道内にずっと留まってしまうと、のどがやけどに似た症状を起こしてしまいます。受診して検査を受けましょう。
がびょうや押しピン
何も飲ませず、吐かせず、病院へ!
先がとがったものを飲みこんだら、なにも飲まず吐かせずに病院へ受診しましょう。無理に吐かせようとすると、喉を傷つけてしまう可能性がありますので、病院で検査を受けましょう。
指輪やピアス
何も飲ませず、吐かせず、病院へ!
器官にひっかかっていないのであれば、自然にうんちとして出てくるのを待ちます。ピアスのように先がとがっているものは、吐かせると喉を傷つけてしまうので、病院で検査を受けましょう。
医薬品
水を飲ませて吐かせてから受診しましょう!
基本的には、水を大量に飲ませて吐かせますが、病院へ連絡をして確認を取ってからにしましょう。強酸性やアルカリ性の薬品を飲んだ場合には、牛乳や卵白を飲ませると良いでしょう。
防虫剤
水を飲ませて吐かせてから受診しましょう!
基本的には、水を飲ませて吐かせてあげましょう。牛乳は絶対にダメです。吸収が早くなってしまうため水にしましょう。
たばこや灰皿の水
何も飲ませずに、すぐに空吐きさせて病院へ!
たばこや灰皿の水を口にした場合には、何も飲ませずに空吐きさせましょう。なにかを飲ませて胃酸が弱まり、ニコチンの吸収がよくなるのは危険です。ほんの少しだけ飲んでしまったり、食べてしまった場合には、口からかき出して、4~5時間様子を見ましょう。顔色が悪い、ぐったりする、吐くなどの症状が見られたら、すぐに検査を!
化粧品
水か牛乳を飲ませて吐かせてから病院へ!
乳液は水を飲ませて様子を見ましょう。医薬品に比べて、毒性は低いですが、製品によっては注意が必要となります。病院に問い合わせると安心です。
乾燥剤
シリカゲルの場合には、水を飲ませて様子をみましょう!
シリカゲルは毒性が低いため、少し程度であれば水を飲ませて様子を確認!口の中が赤くなれば、病院へ受診しましょう。石灰が入っている場合には、水は絶対に飲ませないでください。体内で発熱してしまう場合がありますので、すぐに病院へ!
シャンプーやリンス
牛乳を飲ませて吐かせましょう!
少量なら様子を見ても大丈夫です。大量に飲んでしまった場合は、牛乳を飲ませて吐かせましょう。とくに、重大な異常にはなりませんが、まれに下痢を引き起こしてしまいます。

ただし、誤飲した場合注意してください!

注意 イラスト
※万が一誤飲した場合は、誤飲したものによりそれぞれ対処法がかわってきますので、あくまでも参考にしてください。
※次のような症状が見られるときは、すぐにかかりつけの病院に!

・顔色が悪く、せき込んでいる。
・明らかに様子がおかしい、呼んでも反応しない。
・けいれんしていたり、食欲がない。
・先が尖っているものを飲んでしまっている
・強酸性物質(トイレ用洗剤)やアルカリ性物質(義歯洗浄剤)等の場合には、牛乳を飲ませて吐かせず病院へ。 他


誤飲事故を防ぐためには

赤ちゃんの誤飲事故を防ぐためには、普段から赤ちゃんの手の届く範囲に危険物は置かないように気を付けることが必須になります。さらに、5ヶ月以降の赤ちゃんは行動範囲がとても広くなり、好奇心も旺盛になってきます。危ない場所には、おもちゃや興味の弾くような物を隠して置いたり、未然に防ぐ工夫が大切になります。
もし、赤ちゃんが誤飲しそうな現場を見たら、「これは口に入れたらいけないんだよ」とその都度教えてあげましょう。まだ赤ちゃんなので、理解せず、繰り返そうとしますが、それは本能的に繰り返してしまうからです。しっかりママの言葉は頭に入っていますので、根気強く見守ってあげることが、赤ちゃんを誤飲から守る方法です。

記事の参考サイト

■日本小児看護学会 子どもの事故防止ノート

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
赤ちゃんの誤飲事故はよくあります。赤ちゃんは目にしたものに興味を示し、すぐ口に入れて確かめようとしてしまいます。なので、親がしっかり目を光らせておかなければいけません。手に届かない場所においたり、触れない工夫をしたり、大丈夫だろうという過信はいけませんよ。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.