妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 赤ちゃんのお世話 > 手づかみ食べがもたらす赤ちゃんへの効果

育児

手づかみ食べ

手づかみ食べがもたらす赤ちゃんへの効果

手づかみ食べは赤ちゃんにとっては食べる意欲を育てるためにとっても大切な行為!
2015/06/22
離乳食が始まって数ヶ月すると、赤ちゃんが手づかみでごはんを食べるようになります。着ている服や床が汚れたりしますが、赤ちゃんにとっては食べる意欲を育てるためにとっても大切な行為なんですよ。
手づかみ食べ

[参考]手づかみ赤ちゃん

子どもが手づかみでご飯を食べるようになった

離乳食が始まって数ヶ月すると、赤ちゃんが手をのばして食べ物をつかむようになります。そして1歳を過ぎたころには、食べ物をぐちゃぐちゃに混ぜたりもします。着ている服や床が汚れたりすることも日常茶飯事で、これにはママ・パパも困ってしまいますね。

赤ちゃんの手は超高感度センサー

しかし、手づかみ食べは子どもの感覚を養う重要な行為です。1歳代は、まさに手がセンサー。それまで食べ物に限らず、くちびるだけで様々なものを感知していたのが、手で感知できるようになったということなのです。一説には、乳児の手には20,000のセンサーがあり、これは大人の3倍にもなるそうです。赤ちゃんが手づかみをすることで食べ物の触感や温度などを感じることで様々な感覚を身につけ学んでいると思えば、服や床が少々汚れたりしても我慢できる…かな? 注意 頭
手づかみ時期には新聞紙が大活躍!

赤ちゃんがご飯を食べる時には床に新聞紙やビニールを敷いておくと後片付けが楽になります。

注意 おしり

手づかみ期の子どもは、手づかみ食べ用のレシピが便利

手づかみ食べにピッタリなおにぎりなどの、レシピを作れば、あまり汚さずに、お子様も快適に食べることができます。
旬のお魚の骨を取り除き冷凍でお届けする、離乳食材配送サービスです。HPには離乳食にまつわるコラムやレシピも載っていますので是非ご覧ください♪
運営元:株式会社ディーグリーン
 
 
おすすめ関連記事
離乳食の開始時期
お子さまの離乳食はこれからというママ・パパの中には「離乳食って、いつから始めたらいいのだろう?」と思われてる方もたくさんいらっしゃ...
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.