妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 七五三のお祝い方法

ママコラム

ヨガ

七五三のお祝い方法Vol.211

更新日時:2015年10月30日(金) 
三歳、五歳、七歳の成長の筋目に無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りする七五三はお子様にとって大切な行事です。
できれば当日はバタバタすることのないように行動したいですよね。

そこで今回は七五三当日の流れや、お祝いについてご紹介します。
ヨガ

[参考]七五三

■七五三ってどんな行事?

七五三とはお子様が無事に成長したことをお祝いする行事です。
昔は赤ちゃんの死亡率が高く、七歳までは「神の子」とされており、七歳になって初めて人間の子どもとして認められました。

・三歳の男女 髪を伸ばしはじめる「髪置き」
・五歳の男の子 初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
・七歳の女の子 帯を使い始める「帯解き」

近年の七五三は、

1.お子様の着付け
2.家族で写真撮影
3.神社で参拝
4.その後家族そろって食事


というスタイルが一般的です。

神社ではお祓いを受けた後、祝詞をあげてもらうという流れが基本ですが、お祓いはしてもらわなくても問題ありません。

■七五三の期間って決まってるの?

特に日にちは決まっていないので、10月・11月の都合の良い日にお祝いしてあげましょう。

一般的には11月15日が良いとされていますが、それは11月15日が、二十八宿(日の吉凶を占う方式の一つ)のうちもっとも縁起がよいとされる「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われているからです。
また、旧暦の霜月(11月)の15日に秋の収穫を祝う霜月祭があるおめでたい日にちだからとも言われています。

■七五三のお祝い金はどうするの?

現金でお祝いする場合は、その家族とどのような関係なのかによって金額が変わります。
お祝いとはいえ、相手が困るほどの高額は逆に良くありませんので、以下に記載されている金額の相場を参考に、ご家族とよく相談して決めるようにしましょう。

●祖父母の場合 10,000~30,000円
●親戚 5,000~10,000円
●友人・知人 3,000~5,000円

■七五三のお祝いにおすすめのもの

七五三の当日に使用できるものを送るのことが一般的です。
◎男の子◎
・袴 ・スーツ ・靴(フォーマルなもの)
◎女の子◎
・晴れ着 ・ドレス(ワンピース) ・髪飾り、バッグなどの装飾品

最近では、文房具やおもちゃ、お菓子など 七五三に関係ないものも人気です。

■内祝いについて

最近は内祝いをする家庭が増えてきています。
お菓子などに七五三の写真を添えて送るのもいいのですが、実際に七五三のお祝いの場へ招待するもの良いのではないでしょうか。

親戚や友人には、お祝いで頂いた金額の半分程度のものを送るとよいでしょう。

いかがでしたか?
七五三は、あくまでもお子様が主役です。
それぞれのご家庭のスタイルで、お子様の心に残るお祝いをしてあげることが何よりも大切です。
参照: 「こそだてハック」「All about」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.