妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >『敬老の日』~いつまでも元気でいてね~

ママコラム

敬老の日 写真

『敬老の日』~いつまでも元気でいてね~Vol.101

更新日時:2014年09月06日(金) 
9月16日は『敬老の日』ですね。長年にわたり社会に尽くしてきた方を敬い、長寿を祝う日です。おじいちゃん・おばあちゃんに、感謝の気持ちを込めて、お祝いしましょう。

【 敬老の日とは? 】

『敬老の日』とは、多年にわたり社会につくしてきた「老人」を敬愛し、長寿を祝う日として制定された国民の祝日です。2003年までは、毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2001年の祝日法改正により、2004年から9月の第3月曜日に変わりました。

いつからお祝いしたら良いのか?ということについては、ご家庭によって様々あると思いますが、インターネットの調査によると、「70歳から」という答えが一番多かったです。また、「孫ができれば」という回答も3割近くに上がっています。何歳であっても、「孫からお祝いしてもらえる」のは、おじいちゃん、おばあちゃんにとってとても嬉しいことだと思います。

【 敬老の日にあげたいものは? 】

さて、今年の敬老の日、おじいちゃんやおばあちゃんに何を贈ろうか悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

『敬老の日にあげたいものランキング』
(goo調べ)をご紹介します。

◎第1位『自宅でお食事会』
お店で豪華にディナーももちろん魅力的ですが、ご自宅で離れて暮らしている 家族が集まりお祝いするお食事会は、思い出に残る、とてもステキなプレゼント。

◎第2位『感謝のことば』

感謝の気持ちを言葉で伝える手段はさまざまです。手紙・カード・メール・電話などがありますが、顔を見て言うのが照れてしまう言葉も、手紙やメールでならうまく伝えられるはず。普段は言えない感謝の言葉を、この日は特別に贈ってあげてください。

◎第3位『花・鉢植え・盆栽』
こちらも、定番のプレゼント。お花もステキですが、鉢植えや盆栽のように長く置いておいてもらえるものも良いと思います。

◎第4位『旅行・ドライブ』
家族みんなで思い出を作りに行くのも良いですし、おじいちゃんとおばあちゃんに、2人きりの温泉旅行などをプレゼントするのも

◎第5位~第10位
『お菓子』『名産品・グルメ食品』
『生活用品』 『健康グッズ』
『趣味に関連するグッズ』
『商品券・ギフト券・現金』
などなど、おじいちゃん・おばあちゃんのことをよく知っているからこそ贈れる思いやりのグッズがランキングでは上位に入っています。

【 お子さまと贈る敬老の日プレゼント 】

ランキングに入っているようなプレゼントも、とってもステキなプレゼントですが、お子さまと一緒に手作りをプラスした贈り物はいかがでしょうか。どんなに豪華なプレゼントでも、お孫さんからの手作りプレゼント以上のものはありません。小さなお子さまでもできる手作りのプレゼントで、おじいちゃん・おばあちゃんの長寿をお祝いしてあげましょう♪

◎『似顔絵』  
とてもシンプルですが、うまく工作できない年齢のお子さんには、似顔絵に挑戦させてあげましょう。毎年描いてプレゼントすれば、『去年よりうまくなったね~』と話が弾むはず。

◎『写真と手形をつけた色紙のプレゼント』
手形は成長が見た目でわかります。孫の成長はおじいちゃん・おばあちゃんにとって何よりうれしいもの。「大きくなったなぁ」と感動させてあげてください。

◎『手作りお菓子』
クッキーやおまんじゅうにおじいちゃん・おばあちゃんの顔を描いてプレゼント。ママと一緒に作ってみましょう。でも、なくなるのがもったいなくて食べてくれれないかもしれませんね(笑)

◎『肩たたき券』  
肩たたき券はスキンシップにもなります。差出人はお子さんの名前にして、あえて期限付きにすることで、「使いたい」という気持ちを起こしてもらいましょう。

いかがでしたか?
敬老の日は、おじいちゃん・おばあちゃんに感謝し、長寿をお祝いすることももちろんですが、お子さまの成長を実感させてあげられる日でもあります。

今年の敬老の日はぜひ、お子さまと相談して、おじいちゃん、おばあちゃんに笑顔になっていただけるプレゼントを準備しましょうね♪

次回もお楽しみに。 
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.