妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >足首の冷えは妊娠の大敵!

ママコラム

足首 写真

足首の冷えは妊娠の大敵!Vol.111

更新日時:2014年11月15日(金) 
女性のなかには、『冷え性なので、冬はつらいわ』といわれる方が多いと思います。女性の足は生殖器に深い関係があるといわれています。特に足首は、女性の場合卵巣に直結しているそうです。

木枯らしが吹き始め、これから寒い冬向っていきます。より一層、足首を温めて『冷え』から大切な体を守っていきましょう。今回のママコラムでは、妊婦さんの体の冷えが与えるママへの影響・赤ちゃんへの影響についてお話します。

【 冷えると体の機能が低下する! 】

赤ちゃん服 スポーツの前に、体を温めている選手を見かけます。また、かじかんだ指ではピアノを弾くこともできません。おしゃべりも寒いところでは難しいですね。

冷えていると体はうまく動かない、機能が低下しているのです。心臓は全身に血液を運ぶポンプの役目をしています。冷えて血液の循環が悪くなると、心臓から遠い手足の先の血液が 戻りにくくなります。手足だけでなく、ひどい時には、腰や下腹部が冷えやすくなるのです。

【 妊婦のみなさん、足首を冷やさないで! 】

足首は、生殖器を強いつながりがあるため、足首のダメージが生殖器のダメージになることも……。足首を冷やすことは、子宮を冷やしているようなものです。

◆妊娠中ママへの影響
最も重大な影響は、『体の冷えが難産に深く関係している』ということです。体が温かく、筋肉が柔らかいと、出産の際、腰や足の筋肉が柔らかく、出産時のポーズが しやすくなるのです。さらに、体が冷えていると、痛みに対して敏感になり、陣痛が辛く、弱い陣痛になってしまいます。
陣痛がはじまると、骨盤や股関節のあたりは、赤ちゃんを通そうと最大限に開こうとします。子宮口は、強い収縮のほど開きが良くなり、安産につながるのです。

他の影響としては、
・初期にはつわりがひどくなる
・おなかが張りやすくなる
・腰痛や便秘になりやすくなる
・足がむくんだり、つりやすくなる
・産後の母乳の出が悪くなるなどがあります。


◆赤ちゃんへ与える影響!
ママの体が冷えるということは、赤ちゃんのいる子宮も冷たくなるということです。そして、『血液の流れが悪い』ため、ママからの栄養も届きにくくなります。おなかで成長する胎児に影響がでると、切迫流産や切迫早産になる恐れがあり、温かい場所を探して動き回る赤ちゃんが、逆子になることもにもつながります。

【 足首をあたためましょう 】

◆足首を回すマッサージ
足の指先、足首まわりを靴下やレッグウォーマーでガードする。足湯に浸かったり、風呂上りなどに足首をぐるぐる回して、柔軟にする。
◆ストレッチや運動で血流を良くする。

【 体の内側から温めよう! 】

一番大切なのは、『冷えにくい体質』にすることです。普段、食べているものと体温は深い関係があります。体を冷やす食べ物は食べ過ぎないようにしましょう。冷たい飲み物や甘いもの、糖分は体を冷やしてします。トマト、きゅうり、レタス、セロリなどの生野菜や糖分の多い果物は体を冷やすのでほどほどにしてくださいね。反対に、体を温める食べ物は、土の中で育つ、大根、ごぼう、人参等の根菜類です。

妊娠すると、ママはおなかの中で体温37℃の赤ちゃんを育てることになります。普段、平熱が36℃のママなら、おなかの中の温度は37℃以上あるので安心ですが、平熱が35℃台のママは、おなかの中の温度は37℃にはなりません。

これから、寒い冬に向かいますが、体全体や赤ちゃんのお部屋(子宮)を温めることを意識することはとっても大切なことです。体は、使い方や、意識をかえるだけで、ずいぶん変化します。赤ちゃんがよろこぶ体づくり、ママが楽しくなる体づくりを心がけてくださいね♪

次回もお楽しみに♪ 
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.