妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >5月5日は子どもの日

ママコラム

こいのぼり

5月5日は子どもの日Vol.134

更新日時:2014年05月02日(金) 
こんにちは。ゴールデンウィークも中盤に差し掛かりました。連休の終盤には、「子どもの日」というイベントが待っていますね。
男の子のお子さまがいらっしゃるご家庭は、すでにベランダには鯉のぼりを高々と飾っているかもしれません。

今回は、そんな「子どもの日」にちなんで、簡単で楽しい手作りキットやレシピをご紹介します♪

【 端午の節句とは 】

こいのぼり 5月5日はこどもの日。こどもの日は『端午の節句』と言います。
これは、中 国からはいってきたもので、厄払いの行事のひとつです。 端午の節句の『端午』は、月のはじめ(端)の午(うま)の日という意味で す。毎月の初めの午の日となるのですが、午を十二支であらわすと5月になり (子=11月、丑=12月、寅=1月、卯=2月、辰=3月、巳=4月、午=5月…… )、5月の最初の午の日に節句として祝うことになりました。

でも、どこから男の子の行事になったのでしょうか昔の人は、端午の節句の日に、 強い香りの薬草、菖蒲(しょうぶ)とヨモギを『元気で一年をすごせますように』と願いをこめ、厄払いとして軒先につるしたそうです。
菖蒲(しょうぶ)は、尚武(しょうぶ)と読み方が同じなこと、そして葉が先のとがった剣に見えることから、やがて、男の子が誕生したときに、健康を願って飾り付けをするようになったのだそう。

【 こいのぼりを飾るのはなぜ? 】

こいのぼりの原型は江戸時代の中期に出来たといわれています。将軍に男の子が生まれると、5月5日にお祝いをされるようになりました。 その時に、“のぼり”を立ててお祝いするという風習が次第に武家の間に広まり、 そして、庶民にも広がったと言われています。 この時、武家でお祝いをするときに立身出世の願いを込めて “武者のぼり”に描かれた『鯉の滝登り』の図柄をイメージし、 『鯉の小旗(まねき)』が描かれたのが、こいのぼりの始まりです。
明治時代以降は立体型のこいのぼりが端午の節句の飾り 物として主流になりました。 ちなみに、こいのぼりの一番上の『吹流し』の五色(青・赤・黄・白・黒) は古代中国の『陰陽五行説』から由来してきたものです。
*陰陽五行説の色であらわしているのは、『青=木、赤=火、黄=土、白= 金、黒=水)』となります。

【 兜・五月人形を飾るのはなぜ? 】

兜・五月人形は武家社会の風習からきています。 家の外には、旗幟(きし)や吹流しを、座敷には鎧や兜や武具をかざってい ました。外からの災いが入るのを防ぐためともいわれています。
やがて、江戸時代庶民たちも武家社会の風習を真似て家の前に武具類を飾る のが盛んに行われるようになり、定着をしていったのです。、

【 手作りで祝う、子どもの成長 】

・かわいい!手作りこいのぼりの旗
こどもの日のお祝いにママも料理の腕をふるって、お子さまランチを作られ ることと思います。お子さまランチの旗のかわりに、こどもの目が輝くこと まちがいなしの小さなこいのぼりを立ててみませんか。
①折り紙で小さなこいのぼりを作る。
折り紙,こいのぼり














②WEBサイトより、無料の鯉のぼりをダ ウンロードして、プリントする。
もともと大好きなお子さまランチにこいのぼりがたっていたら、お子さまは きっと大喜び。輝く瞳が目に浮かぶようです。

・離乳食だって一工夫で子どもの日仕様に
【 こいのぼりの離乳食 】
(材料)おかゆ、人参、緑の葉物野菜、じゃがいも、しらす 各適量
(作り方)
①まず、完成イメージ(こいのぼり等)のデザイン画を作成する。
②子どもが食べることができる離乳食に合わせて、おかゆ、野菜の下茹で、 すり潰しの準備をする。
③おかゆに野菜を混ぜて緑色のこいのぼり、人参を混ぜて赤色のこいのぼり の形を作る。
④じゃがいもをすり潰し、ポールの形にする。ポールのてっぺんは人参を丸 い形にしたのもを置く。
⑤しらすを並べて鯉のウロコにする。


ゴールデンウィーク後半はお天気にめぐまれそうです。 行楽の合間にファミリーで子どもが主役の『こどもの日のお祝い』をしてみ ませんか?
パパママの愛情をうけてすくすく成長されることを、ママテラス スタッフ一同、願っています。

次回もお楽しみに♪ 

 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.