妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >疲労回復だけじゃない『クエン酸』の美容効果

ママコラム

クエン酸

疲労回復だけじゃない『クエン酸』の美容効果Vol.147

更新日時:2014年08月01日(金) 
8月に入り、暑さも増す今日この頃。 一歩外に出れば、太陽の日がジリジリとお肌を焼いていきます。
注意して日焼け止めを塗っていても、汗で落ちたり、塗り忘れがあったりで、うっかり焼けてしまって大ショック…という方も少なくないのでは?

そんな夏の痛んだ肌は、今のうちから回復させておきましょう!
今日のママコラムでは、疲労回復だけじゃない “クエン酸”の美容効果についてお届けします。

【 クエン酸って? 】

クエン酸とは、簡単にいうと柑橘類などに含まれる、 酸っぱい酸味成分のことをいいます。
今、クエン酸は、食材やドリンクとして体に吸収し、 健康や美容に効果があるだけでなく、洗顔や入浴剤、 さらには汚れを落とすことから、 掃除や洗濯にも幅広く用いられています。

【 クエン酸の効果は? 】

クエン酸 ・疲労回復はもちろん、美容効果も◎
クエン酸は疲労物質の乳酸を分解してくれるので、疲労回復に効果を発揮します。 そのため、夏バテ解消としてよく使われ、 夏では1日に約 3~5g摂取するのが好ましいとされています。
その上、クエン酸は、体の中に溜まっている老廃物を排出してくれるので、 代謝がアップして体の循環が良くなり、美肌効果にも効果があるんです!
夏の疲れたお肌は、クエン酸で解消しましょう♪

・クエン酸を含む食材
クエン酸を多く含む食材には、リンゴ酢・黒米酢などの酢、 レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの果物、そして梅干しです。

【 クエン酸パワーで夏の疲れたお肌を回復 】

①お酢でキレイ
・お酢を飲んで体内の老廃物で排出
お酢のツーンとした香りとすっきりした味は、副交感神経を刺激し活発にします。 そして、胃腸の働きが良くなり、さらに血のめぐりがよくなり、 疲れ回復、便秘解消で美肌効果が期待できます。 ツンとした刺激のお酢は、適量を野菜ジュースなどと一緒に飲むと飲みやすいですよ。

・今日からスタート!黒酢洗顔
20倍くらいに薄めたお酢を洗顔として使うと、美肌効果があります。 特に黒酢はアンチエイジングや皮膚の傷を治したり、 肌をツルツルにするほか、角質化したお肌にはいり込みピーリングの効果も。
お肌の弱い方は20倍以上に薄めて、少しずつ試してみてくさいね。

②梅干しでキレイ ・梅干しを食べてアンチエイジング
梅干しを想像するだけで、見ただけで出てくる唾液。 この唾液には消化酵素が含まれて、消化吸収を助けます。
さらに、若返りホルモンのパチロンが含まれており、 老化の原因である活性酸素を消す働きも。
また、梅干しを食べると、肝臓の解毒作用があり、 血流を良くしたり、血管の脂肪沈着もふせいでくれます。
特に夏にはうれしい、疲れや冷え症を改善してくれる梅干し、多いに活用してくださいね。>

【 美容促進!クエン酸レシピ 】

・トマトとアスパラの夏ピッタリ酢の物

トマトのリコピンにアスパラのアスパラギンサン、そしてすし酢のクエン酸・わかめのミネラルで、夏にぴったりの簡単酢の物のできあがり♪

材料(2人分)
アスパラ(長太い) …4本
トマト(大)… 1個
わかめ …お好みで
しそ… 2枚
*すし酢 …大さじ1
*麺つゆ(濃縮タイプ)…大さじ1/2

作り方
①アスパラは根元をピーラーで剥いでゆでる。
②トマトは8切りにし、わかめを水でもどして切る。
③具材を*の調味料で合える。
④せん切りにしたシソを飾ってできあがりです。

いかがでしょうか。
夏本番になりました。クエン酸を摂って疲れ知らず、肌荒れ知らずの元気な毎日を!

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.