妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >老化予防は目元から!

ママコラム

目の老化

老化予防は目元から!Vol.148

更新日時:2014年08月08日(金) 
お肌の疲れや乾燥は、老化の元。
前回のコラムではクエン酸で夏の日焼けで疲れたお肌を回復する 方法をお伝えしました。
今回は、顔の中でも特に老化を感じさせる、目元のケアについてお話します!
目指せ、アンチエイ ジング!!

【 疲れ目は老け顔のもと! 】

目は一番年齢が出やすい箇所です。
お肌は、紫外線・加齢・血行不良・ストレスなど様々な条件によってトラブルを起こします。 目元の皮膚の厚みは他の部位に比較するととても薄く、バリア機能が弱いので外からの刺激を受け やすく、敏感です。
また、軽くおさるとわかりますが、目のまわりには骨がありません。そのため、むくみ、へこみ、 やつれなどの体の状態と睡眠不足、疲労といった体調が表われやすいのです。
つまり、目元は顔のなかでも年齢が出やすい場所なのです。

【 あなたの目の老化の原因と原因別ケアは? 】

目の老化 ◆目元の老化の原因は一番に『乾燥』です。
≪目元の乾燥度をチェックしよう≫
□ 目の周りの色素沈着が気になる
□ 目の下に青黒いクマがある
□ アイシャドーの色がきれいに出ない
□ ペンシルタイプでアイラインが引きにくい
□ 腫れぼったく感じる。目がショボショボする
□ PCやスマホの画面を1日に6時間以上見る
□ メイク落としは顔全体(アイメイクも含む)同じクレンジングでしている
上記の1つでもチェックが入れば『乾燥』のサインです。
(目元の乾燥をケア)
・アイクリームでケア
乾燥のケアには、アイクリームをつけて保湿するのが効果的です。 顔に使用している乳液やクリームは重いので逆効果になることがあるので、目元には専用のアイク リームでケアしましょう。
・パックで保湿
フェイスパックは、目の周りを避けるようにできています。目には専用のアイパックをしましょう 。
おススメは、活性酸素をとりのぞいてくれる水素水をコットンに浸し、閉じた目の上にのせて10分 ほどなじませてからアイパックすること。

◆目の老化・クマ
クマの原因は、もともと薄い目元の皮膚が全身の冷えによってできる青クマ。メラニン色素の沈着 や血行不良からできる茶クマ。
(クマのケア)
皮膚の新陳代謝をあげ、老廃物とメラニンを排出するのがポイントです。
血行をよくするために睡眠を十分とること、マッサージも効果があります。
目元ケアマッサージは表層リンパマッサージがおススメ。具体的には、こすらないで、指先でポン ポンと軽くたたくソフトタッチのマッサージ。

◆目の老化・たるみ
たるみの原因は、目の下の脂肪と目のまわりの筋肉のゆるみ。
(たるみのケア)
まずは保湿。そして、目元の筋肉を動かして鍛えます。
目を開け閉めする運動、上まぶたを上げる (上眼瞼挙筋)を鍛える運動。 眉毛を上げ下げするのもいいですよ。

【 目元ケアに良い栄養素は? 】

次に、食生活で気をつけたいこと目にいい栄養素について。
ブルーベリーが目に良いとよく聞きますね。ベリー含まれているポリフェノール系の成分やアント シアニン、DHA、オメガ3、タウリン、亜鉛などは特に目にとって重要なミネラルです。
また、ビタミンA・C・Fなどの抗酸化系の成分や緑茶に含まれるカテキン、ホウレンソウ、カボチ ャ、ブロッコリーといった緑黄色野菜やトウモロコシを摂ると目の老化の予防や改善にいいようで す。 皮膚の老化の80%は紫外線によります。

夏の日差しにさらされるとお肌のケアとともに特に目元の皮膚を大切にケアしましょう。
若々しい目元でアンチエイジング!

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.