妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 >夏野菜レシピでパワー全開!

ママコラム

夏野菜

夏野菜レシピでパワー全開!Vol.149

更新日時:2014年08月13日(水) 
世間はお盆休み真っ只中。
でも、家事に育児に追われるママたちにお休みはありませんよね。
特に夏の家事の台所の暑さはまるで凶器…

そんなママたちへ、パワー回復の夏野菜の効果と、夏野菜を使った簡単レシピをお届けします♪

【 パワー秘めたる夏野菜たち 】

今年の夏はじっとしていても汗が流れるくらい暑い!ですね。 みなさん、食欲はどうでしょうか。
『暑いから』と、冷奴やそうめん、そばのような冷たいものですませ ていると、気が付くと夏バテしていることがあります。
疲れやすい夏だから、栄養たっぷり夏野菜のパワーで夏を乗り切ってくださいね。

◆ビタミン豊富な夏野菜
みずみずしい夏野菜はビタミンの宝庫です。
ビタミンCは、暑さに対する抵抗力をつけてくれます。
ビタミンB1は、糖質や脂質をエネルギーに変えてくれます。
カロテンやビタミンEなどは、老化防止や抗酸化作用があるのです。
夏には夏生まれパワーたっぷりの野菜を食べましょう。
・トマト
ビタミンC、カロテン、リコピン(抗酸化作用が強い)が豊富。
・ニガウリ(ゴーヤー・ツルレイシ)
ビタミンC、B1、カロテン、カリウム、リン、鉄分が含まれ、整腸作用の苦み成分モモルデシン。
ニガウリに含まれているビタミンCは、熱に強いのが特徴です。
・ピーマン
なんといってもビタミンCが豊富です。
カロテンや食欲増進、血行をよくする辛味成分カプサイシンも含 まれています。
油で炒める調理でビタミンAの吸収力がよくなります。
・かぼちゃ
緑黄色野菜の代表のかぼちゃは、カロテン、ビタミンB1、B2、C、Eを含んでします。
・オクラやモロヘイヤ
粘りの主成分の『ムチン』は、夏バテ防止に効きます。
胃の粘膜の保護、たんぱく質の消化吸収を助ける、疲労回復、肌の老化防止など夏バテにはうれしい野菜 です。

◆夏野菜で熱中症予防!
水分補給に夏野菜!冷たい飲み物より野菜で熱中症の予防をしましょう。
・キュウリ
キュウリの96%が水分です。ビタミンCを含み、利尿効果があります。
・ナス
90%以上の水分を含み、利尿効果があり、皮の紫色はアントシアニン系の色素で血管を強くするので歯茎 や、口の中の炎症をおさえます。

【 夏野菜の保存方法 】

夏野菜 ただし、暑い季節で気をつけないといけないのは、食材の保存方法。
うっかりしているとあっという間に痛んでしまします。 素材別で適した保存方法があるので、チェックしておきましょう♪

◆トマト
ラップをするか、袋にいれて冷蔵庫の野菜室で保存。
冷凍するときは、水洗いをして水気を拭き取り、ラップをしてさらにビニール袋にいれて冷凍庫へいれる 。冷凍したトマトは水で洗うだけで、皮がむけます。

◆ピーマン
ポイントは水気をとること。
水気を丁寧にとったピーマンをポリ袋に入れて、密閉し冷蔵庫の野菜室へ。
使いかけの時は、ヘタと種を取り除いてラップに包んで冷蔵庫で保管する。(2~3日で使用すること)

◆ナス
ナスは水分が蒸発しやすいので、1個ずつラップで包み、冷蔵庫の野菜室へ。
長く保存したい時は、煮物・炒め物の調理をしてから密閉容器にいれて冷凍保存しましょう。

◆ニガウリ(ゴーヤー)
水気と乾燥が禁物です。表面を拭いてラップでつつむか、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する。
すぐに使わない時は、中の種とわたをとって水洗いはしないで、ラップにくるんでおくと緑色あざやかで 、ビタミンCも保てるのでおススメです。
塩ゆでしたり軽くいためたものを冷凍保存できます。

◆かぼちゃ
かぼちゃ丸ごとは風通し良く、涼しいところで1~2ヶ月保存可能です。
切って、なかの種とワタをとりのぞきラップをして冷蔵庫の野菜室で保存する。
冷凍保存は、カットしてゆでたかぼちゃがくっつかないようにならべて冷凍保存するか、粗く潰して保存 袋に入れて冷凍しても可。

【 マテラスおススメ!夏野菜レシピ 】

◆蒸しナス香味ソース和え

火をつかわないで、レンジ蒸しナスをつかったナス料理。
(材料)
ナス         4~5本
しらす        50g
ミツバ        1束
ミョウガ(薄切り)  1個分
しょうが(千切り)  1かけ分
いりゴマ       適量


オリーブオイル    大さじ1
だし醤油       大さじ1

(作り方)
①ナスの皮をむき、水につけてアク抜きをする
②1つずつラップできっちり包み、耐熱容器に並べて電子レンジで4~5分加熱する
③粗熱をとって食べやすい大きさに切る
④ボールにナスとしらす、みつば、小口切りのミョウガ、千切りのしょうがを★(オリーブオイル、だい 醤油)で和え、いりゴマをかけて出来上がり。冷やしてどうぞ。


◆ラタトゥイユ

(材料)3~4人分
玉ねぎ       1個
ピーマン    3~4個
ズッキーニ    1本
ナス(中)     2本
トマト(中)    2個
トマト缶    1缶
にんにく    4かけ(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ4
塩        適量

(作り方)
①玉ねぎ、ピーマン、ズッキーニ、ナス、トマトは1.5センチ角に切る
(ナスは水にさらしたあとザルにとる)
②厚手の鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、弱火で熱し、香りがしてきたら中弱火にして玉ねぎを 加えて炒める
③油がなじむと、塩一つまみ入れさらに炒める。ピーマン→ズッキーニ→ナスの順番に、その都度塩ひと つまみと共に炒める
④トマトとトマト缶をいれて煮立ったら弱火にして30~40分煮る(時々底からまぜて)
⑤塩加減をみて、味をととのえたら出来上がり。

暑いからこそ美味しい夏野菜で、夏バテ防止。しっかり食べて、夏を乗り切ってくださいね♪

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.