妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

index
妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 産後のトラブル~マタニティブルー編~

ママコラム

マタニティブルー 写真

産後のトラブル~マタニティブルー編~Vol.15

更新日時:2012年01月06日(金)
マイナス イラスト 新年明けましておめでとうございます。2012年もママテラスをよろしくお願いいたします。ママやご家族にとってステキな1年になりますように♪

さて、今回から産後に起こりうるさまざまなトラブルについてのお話しです。無事出産を終え、可愛い赤ちゃんとも出会えて幸せいっぱい、一安心ですよね。しかし、出産という大仕事を成し遂げた後のママの体は、もうクタクタ。そして赤ちゃんのお世話も予想以上に大変!となるともちろん、いろんな体のトラブルが起こってしまうわけです。

今回の産後のトラブルは 「マタニティブルー」についてです。

【 マタニティブルーとは? 】

マタニティブルーってご存知ですか?
わけもなく悲しくなったり、涙もろくなったり、何かと精神的に不安定になってしまうことです。産後だけではなく、妊娠中になる方もいます。と言っても症状は人それぞれで、対処法もはっきりと決まっているものではないんです。赤ちゃんと出会えて幸せなはずなのに、どうしてこんなに悲しくなったり、イライラしたりするのでしょうか。

【 マタニティブルーの原因 】

マタニティブルー最大の原因は、女性ホルモンのバランスが変化することだと言われています。しかし、産後、これから始まる育児に対して、思うようにいかなかったり、誰にも相談できず不安がつのったりと精神的に追い込まれることが原因となる場合もあります。

【 どんな人がなりやすい? 】

妊婦さん・出産後のママなら誰でもなる可能性があります。しかし、完璧主義、几帳面、神経質といったタイプのママがかかりやすいといわれているので、「あてはまるかも!」と感じる方は、あらかじめ症状などを理解しておくと上手く対応ができますね。「自分だけがなる特別なもの」ではないので、そんなに考え過ぎなくても大丈夫ですよ。

【 どんな症状がでるの? 】

わけもなく涙もろくなる・気分が沈む・集中力がなくなる・八つ当たりしてしまう・気分が安定しない・食事が食べられない・食べ過ぎてしまう・イライラする、などが主な症状です。

【 かかりやすい時期は? 】

人によってさまざまですが、妊娠後期の8ヶ月から臨月までの間、そして、産後1ヶ月の間にかかる方が割合として多いです。また、季節の変わり目なども精神的な変化があるため、憂鬱になりやすい時期です。

【 かかってしまったら? 】

「この方法で絶対治る!」というものははっきりしていませんが、次のような方法で憂鬱な気分を解消しましょう。

●頼み上手になりましょう
なによりも大切なのが家族の協力です。全てを頑張りすぎないで、「しんどいな」と感じる日には、家事など頼んじゃいましょう!

●ママ友をつくりましょう
同じ悩みを持つママ同士でお話しするだけで、気分はだいぶ楽になります。たまった疲れやイライラは我慢せずにみんなで吐きだしちゃいましょう。母親学級や、健診などでママ友の輪を広げてみては?

●睡眠時間をとりましょう
睡眠不足はイライラのもと。赤ちゃんと一緒にゆっくりお昼寝してみてください。

●リフレッシュタイムをつくりましょう
赤ちゃんのお昼寝中にゆっくり音楽を聴いたり、お茶を飲んだりしてリラックスしましょう。ちょっとだけ赤ちゃんを家族に任せてゆっくりできる時間ができたら、外をお散歩したり、自分へのご褒美として何かお買い物したり、自分なりに楽しみを見つけてのんびり過ごしましょう♪

何といっても、マタニティブルーを乗り切るコツは「全ての事に完璧を求めない」ことです!のんびり、自分らしく過ごせばいいんですよ♪また、マタニティブルーは、一過性のものなので、深く考えたり悩んだりしなくても大丈夫です! 気がつけば過ぎ去っていますよ。

何ヶ月たっても症状が改善されない場合は、「産後うつ病」の可能性があるので かかりつけのお医者さんに相談してみてください。次回Vol.16は「産後のトラブル~抜け毛編~」です。出産直後、なんだか髪の毛が抜けるような・・・どうして?


次回もお楽しみに♪
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.