妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 ゴールデンウィークの“マタ旅”に警鐘の声

ママコラム

紫外線

ゴールデンウィークの“マタ旅”に警鐘の声Vol.181

更新日時:2015年04月03日(金) 
毎年楽しみにしているゴールデンウィーク!
妊娠中のゴールデンウィークも、いろいろな楽しみ方がありますね。実家でのんびりしたり、少し遠出のお買い物に出かけたり...
今回は、最近でも人気の“マタ旅”に注目。「ちょっと待った!」という声もあることをご存知ですか?
マタニティ旅のすすめ

[参考]カップル

“マタ旅”って?

ウェブサイトや雑誌でもよく見る“マタ旅”という言葉。お気づきの通り「マタ旅=マタニティー旅行」のことで、つまりは妊娠中の旅行ですね。

マタ旅の特集やプランは、どの時期にもよく目にします。
パパと2人だけでの旅行は、出産後はしばらく難しいですし、妊娠中の思い出づくりとしても人気です。

妊婦さんには嬉しいノベルティが準備してある旅館の紹介や、安産祈願の旅など、わくわくするような旅のプランがたくさんあるのでちょっとした息抜きにも良いかもしれませんね。
妊娠中に良いハーブティやマッサージが付いているホテルも!ゴールデンウィークに向けても、予約でいっぱいになる予感です。

「安定期」に入っていれば旅行はOKなの?

まず大切なのは、自己判断をしないということ。
必ずかかりつけのお医者さんに相談することが必要です。

旅行をする際の妊娠時期についてですが、初期には流産の危険性、また後期には突然の破水なども考えられるため安定期に入った辺りからが適していると言われています。

しかし!

“安定期”という言葉のイメージが勝手に一人歩きして
“安全な時期”だと思っていませんか?

安定期は、赤ちゃんとママを?ぐ胎盤の血管が完成する時期であり、赤ちゃんがママのお腹で育つ環境ができたということ。
決して“早産や流産をしない時期”というわけではない、ということを今一度、考えておきたいものです。

もちろん妊婦さんに優しい旅プランもありますが、自分の体に対するリスクはある、という部分はしっかりとおさえておいて。
宿泊している旅館のすぐ近くには、何かあったときすぐに対応してくれる病院はありますか?
体調の変化がいつおこるかわからない妊娠中です。
旅行前に必ず自分でも調べておくようにしましょうね!

特に、ゴールデンウィークは予想外の混雑など、人の動きや流れがいつもとは変わるため、注意が必要です。

このようなことから、マタ旅はオススメしないというお医者さんはたくさんいらっしゃるようです。

計画を立てる際のポイント

このゴールデンウィークに旅行を考えている場合は次のようなことも参考にしてみて。

①まずはお医者さんと相談。

②行き先の選定や出発のタイミングは慎重に! 
(近くに産婦人科が無い場所や、離島は絶対に避けて)

③移動はこまめに休めるスケジュールで動く。
(車移動の場合は特にゆったりとしたスケジュールで)

④自分の体調を確認。
(お腹の張りやつわりが続いている場合はNG)

⑤行き先付近の産婦人科は必ずチェック!

⑥直射日光などに長時間当たる場所はNG!

集団行動がメインのツアーは避けて

自分の体調に合わせて動けない、集団でのツアーはNGです。
こまめな水分補給と、こまめなトイレ休憩が大切ですので細かく刻まれたスケジュールに合わせなければならないのはとても辛いもの。赤ちゃんにも負担をかけてしまいます。


いかがでしょうか。
何かと大変な妊娠中。パパとの大切な思い出づくりにもマタ旅はリフレッシュも出来て良いと思います。

ただ、必ずしも100%安全ではないということや、急な体調の変化による対応が難しいというリスクがあることは念頭においておきましょう。
事実、マタ旅中に緊急搬送されたという事例も少なからずあるのです。

パパやお医者さんとよく相談し、ゴールデンウィークの計画を立ててくださいね!
参照: 「All About暮らし」「ひさまつ産婦人科医院」「妊娠中の旅行に関するQ&A」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.