妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 妊娠中も五月病になるの?

ママコラム

紫外線

妊娠中も五月病になるの?Vol.182

更新日時:2015年04月10日(金) 
転職やお引越しなどで環境が変わることの多い春。
五月病かも、と思った経験が一度はあるのではないでしょうか。
妊娠中もこの五月病にはなるのでしょうか?
妊婦の憂鬱

[参考]憂鬱な女性

五月病とは

慣れない環境や人間関係などにより、知らず知らずのうちに蓄積された、身体的、精神的負担が原因で、やる気がおこらなくなったり軽い鬱のような状態になってしまうことです。

一般的に新社会人や転職した人、入学したばかりの大学生など生活環境が大きく変わり、新生活をスタートさせた人によく見られます。

5月の大型連休明けに起こることが多いのでこう呼ばれており、正式な病名ではありません。
新しい環境に適応しようと頑張りすぎたり、適応できない焦り、また想像と現実とのギャップなどによる疲れが原因となります。。

妊娠中も五月病になるの?

もちろん妊婦さんも五月病になります。
特に全てを完璧にしないと気がすまない!というタイプの方はちょっと注意です。

「家事も完璧にやりたい」「お仕事も変わらずこなしたい」などはもちろん素晴らしいことですが、真面目すぎるタイプ・つい頑張りすぎるタイプは、過剰に背負ってしまい、抑え込んでしまいます。

ただでさえいろんなことが不安な妊娠中。ふとした疲れから憂鬱な気持ちになりやすいのです。

五月病になりやすいタイプ

いくつも当てはまるという妊婦ちょっとお気楽に過ごすのも良い かもしれませんね。

・真面目すぎる
・几帳面
・完璧主義
・責任感が強い
・周りの目が気になる
・無理をする癖がある
・お仕事好き
・周りに相談せず抱え込む
・相手に合わせる癖がある


五月病の症状

主には次のような症状があります。

・やる気が出ない
・なんとなく落ち込む日々が続く
・何に対しても興味がない
・不眠
・朝起きられない、
・行動がおっくうになる
・疲労回復ができない
・食欲不振
・イライラする
・頭痛が続く


いくつも当てはまるようであれば、ちょっと気分転換が必要な時期かもしれません。

少しは自分を甘やかしてリフレッシュしたり、しばらく好きなことに時間を費やせるよう工夫してみましょう。

妊娠中に気をつけたい理由

妊娠中の五月病に気をつけたいのは、心も身体も疲れ果て、赤ちゃんに悪影響が出てしまう可能性があるところですね。

一般的には一過性のものですが、憂鬱な状態をずっと引きずってしまうと、本格的なうつ病に繋がる可能性があります。

妊娠中はホルモンバランスの変化もあり、情緒不安定になってしまうことがよくあります。
感情的になってしまったり、イライラや不安がつのり精神的に疲れてしまうと五月病へのリスクが高まりますので適度なリフレッシュは必ず必要です。

五月病は予防することが大切!

そうなる前に予防することが大切です。

◎五月病の予防
完璧にこなさないと気がすまないという妊婦さんでも、お腹の赤ちゃんのために、ぜひ実践してみてください。

・完璧主義を捨てる
・出来ないものは出来ないと割りきる、受け入れる
・自分のリラックス方法を知り実践
・規則正しい食生活を
・愚痴を吐き出そう!
・“のんびり過ごす日”を決めてみる


いかがでしたか?

妊娠中、慣れない環境や状況でのストレスが蓄積されないように適度にリフレッシュしながら過ごしましょう!
参照:「healthクリック」「キャリアパーク」「goo ヘルスケア」「五月病の 対処法」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.