妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 日焼けには注意!妊娠中の頭皮トラブル

ママコラム

紫外線

日焼けには注意!妊娠中の頭皮トラブルVol.183

更新日時:2015年04月17日(金) 
妊娠中のお悩みに多いのが“頭皮トラブル”です。
たくさんのママが悩んでいるこの問題。

抜け毛やかゆみなど、特に紫外線や日差しが強くなる夏はきちんと対策してケアしてあげることが大切です。 5月に入るとすでに紫外線量は真夏と変わらないほど多くなります。

健やかな頭皮を守るために、今から対策を始めましょう!
妊娠中の頭皮トラブル

[参考]髪の毛を触る女性

実は頭皮も日焼けするんです!

日焼けと聞くと、顔や腕、首などを思い浮かべる方が多いかと思いますが、もちろん頭皮も日焼けしています。
特に夏は抜け毛が増えると言われている季節です。
日焼けするとヒリヒリと痛みを感じたり、ほてったり、かゆくなったりと、敏感になっている妊娠中は気をつけたいところですね。

頭皮が日焼けすると…

頭のてっぺんは、どこよりも紫外線をダイレクトに浴びてしまう場所ですよね。
特に分け目やつむじ部分が浴びてしまう紫外線の量は、なんと顔に比べると約3倍の量と言われているのです。

たくさんの紫外線を浴びてしまった頭皮は、硬くなってしまったり、茶色っぽくなってしまったりと様々なトラブルを引き起こします。
たくさん浴びた頭皮は、皮膚がめくれてしまい、ボロボロに。
皮膚のターンオーバーが狂い、フケが出てしまうこともあるのです。
また、かゆくなりかいてしまうことでさらに頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮も敏感になり、ホルモンの影響などからくる抜け毛も気になる妊娠中には辛い状態となってしまうわけです。

頭皮が日焼けした状態でそのまま放置して、さらに紫外線を浴びてしまうと、より刺激になり赤くなってしまう場合もあるようです。
最悪の場合、雑菌が入ってしまうことも!

頭皮だけでなく髪の毛にも影響が!

紫外線を浴び続け、悪影響があるのは頭皮だけでなく、髪の毛も同じ。
髪のキューティクルがはがれツヤのない髪の毛になります。
水分も失うことになるので、パサパサしたり、枝毛の原因にも繋がります。

せっかくこれまでお手入れしてケアしてきたツヤ髪が台無しになってしまいますので、これは気をつけたいところですね。

頭皮の日焼けを防ぐための対策

◎UVカットしてくれるトリートメントを使う!
頭皮や、髪の毛の日焼けを防ぐには、UVカット効果のあるトリートメントを使ってみるもの良い方法です。
洗い流さないトリートメントタイプのものならお手軽に購入でき、特にスプレーになっているものは、お出かけ直前に使えるので便利です! 毛の部分にスプレーすると、頭皮の日焼けも一緒に防いでくれます。
◎シャンプーの時に一工夫!
頭皮を守るには、基本のお手入れも見直すことが大切です。
特に、夏場にUVカット効果のものを髪につけている場合はなおさらです。

まずは、しっかり髪の毛を湿らせて濡らします。そうすることで、シャンプーの泡立ちも良くなります。 そしてしっかり泡立てて、指の腹を頭皮にしっかりとくっつけて優しく洗うこと。
洗う際に、爪を立てて頭皮を傷つけていませんか?
◎帽子や日傘を使用!
王道の紫外線カット方法は、やはりオススメ。
最近よく見かける高いUVカット機能のあるものを選んでみてください!

帽子の場合は汗による蒸れに注意してくださいね。
蒸れによって逆に頭皮に負担がかかる場合があります。汗はこまめに拭きましょう。
◎紫外線の強い時間帯の外出を避ける!
紫外線の強い11:00?12:00の時間帯はちょっとずらすこともオススメです。
意外にも午前中も紫外線は強いようですので、ご注意を。

日焼けしてしまったときのケア

うっかり、頭皮が焼けてしまった!
そんな場合はきちんとお手入れしてあげるかどうかがカギとなります。
次のようなケアでお手入れしましょう。
◎濡れたタオルで冷やす
とにかく冷やし熱を取ること!
日焼けは、火傷と同じ状態。ですので、頭皮に熱を持った状態になっています。

まずは濡れたタオルで、頭皮を冷やしてあげて温度を下げましょう。かゆみも落ち着いてきます。
普段なら、冷たいシャワーを浴びるのも良いのですが、妊娠中はNG。
全身を冷やすようなことはせず、タオルを使って冷やしましょう。
◎シャンプーの時はぬるめのお湯で
熱すぎる温度のシャワーですすぐのは、日焼けした頭皮には刺激がつよすぎかゆくなったりする場合がありますので、ぬるめのお湯で流しましょう。
◎ごしごしこすらない
かゆくてもごしごしこするのはNG。
シャンプーの時も、指の腹でいつもより優しめで洗ってください。

以上、頭皮の日焼けは見落としがちなので、まずは日焼け予防の意識を持つことが大切です。
対策は無理なく簡単にできることばかりですので、ぜひ実践してくださいね!
曇りの日でも、紫外線量は多いのでご注意を!

いかがでしたか?

参照: 「healthクリック」「キャリアパーク」「goo ヘルスケア」「五月病の対処法」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.