妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 夏の冷え性改善に!足湯のススメ

ママコラム

足湯

夏の冷え性改善に!足湯のススメVol.192

更新日時:2015年06月19日(金) 
じめじめとスッキリしない暑さが続きますが冷房でずっと体を冷やしていませんか?
冬はもちろんのことですが、暑い夏にも冷えには注意が必要。もともと冷え性だった妊婦さんは特にです。
冷え性でダントツ多いのは手足の冷えで、足には子宮につながるツボもあるため、なんとか改善したいものです。
そんな夏の冷え性にもオススメなのが、足湯です。

足湯

[参考]足湯

マイナートラブルを引き起こす夏の冷え性

冷房で冷えきったママの体はマイナートラブルに繋がる可能性大!手足や肩など、体の一部が冷たくなっているだけでなく、体全体をいろいろと触ってみて腰やお腹も冷たくなっていたら内臓から冷えている可能性があります。

妊娠中の冷え性はただ体が冷たいというだけではなく、「しびれ」や「むくみ」といった、 妊娠中のお悩み上位にランクインする症状を引き起こす可能性があるのです。

そしてさらに妊娠中の冷えを放っておくと、次のような影響も...
・妊娠初期につわりが悪化する
・腰痛になりやすい
・便秘になりやすい
・足がつりやすくなる
・お腹の張りがひどくなる


産後になると母乳の出が悪くなるなど冷え性は本当に妊婦さんの大敵なのです!

冷え性にさよなら!足湯の効果

服を着たままとても簡単に行える足湯。
全身湯船につかるのは体調的にも辛い...そんな妊娠中にオススメです。

足先をゆっくりと温める事により、姿勢が悪くなることによって起こっていた血行不良が改善され冷え性の改善につながるのです。

また、血流がよくなることで自律神経の働きが整い妊娠中のイライラも軽減されます。
その他、足湯は冷え性を改善するだけでなく、次のような効果も!
・足だけでなく全身が温まる
・緊張感をほぐし、リラックスできる
・体の痛みを軽減させる
・不眠症の改善
・妊娠中のむくみ改善
・体の凝り改善
・血行が良くなり安産につながる


妊娠中はお腹が大きくなるにつれ、体のバランスが悪くなったり、寝つきが悪くなったりと、様々なトラブルが発生しますが足湯をすることで改善できることがたくさんあるのです。
また、血行が良くなったおかげでお産が楽になった、という経験談も。

夏に足湯、というイメージはなかなかないかもしれませんが夏は意外にも体が冷えやすい季節です。
暑くてお風呂につかる気にもならない...そんな時にもオススメ。

いつもの足湯に+αでさらに効果的♪

◎緑茶で消臭効果!◎
妊娠して汗をかきやすくなり、足のニオイが気になる。そんなママは、お湯の中に緑茶を入れてみて。茶葉から出したものを注いだり、布巾などに包んでそのまま入れてもOKです。 あまり濃くしすぎず、ほんのり香る程度がちょうど良いでしょう。
足湯が終わった後は、お湯でしっかりと洗い流すのではなくタオルで拭いてあげるだけにすると、次の日も効果抜群!水虫の治療にも良いとされています。
◎ゴルフボールでマッサージ!◎
重たいお腹で、足に負担がかかり疲労がたまっているママは、お湯を入れている桶の中に、ゴルフボールを入れて足裏でコロコロ転がしマッサージ。
足裏にはいろんなツボがありますのでマッサージで刺激し疲れを取り除きましょう!
ただしやりすぎには注意です。また、当たり前ですが必ず座って安定した体勢で行いましょう。
◎美容効果やリラックス効果も加えて!◎
リラックスできるアロマオイルを数的入れてみたり、バスソルトを入れて美容効果を高めるという楽しみ方もあります。
※使用するアロマオイルはかかりつけの医師に相談を。
一番ほっとできる音楽を流してみたり、照明を暗くし一緒にキャンドルをたいてみたり、 自分なりに一番楽しめる方法を探してみましょう。

最後に、滑って転んでしまうことのないように注意してくださいね。
妊娠中はバランスを崩しやすく、お湯で滑ると非常に危険です。足も、床もしっかり拭いて安全に行ってくださいね。
参照: 「Zigen 子宮の働きを整える7つのツボ」「つわり情報」「ココミル」「美肌マニア」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.