妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 妊娠周期別 マメ知識まとめ

ママコラム

足湯

妊娠周期別 マメ知識まとめVol.195

更新日時:2015年07月10日(金) 
マタニティライフ、楽しんでいますか?

今回のママコラムは、妊娠周期別に見るママの体の状態や、お腹の赤ちゃんの状態についてまとめています。今の時期に合った情報を探してみてください!
妊娠周期別症状

[参考]妊娠周期別症状

■妊娠0周期~3周期(妊娠1ヶ月)

受精、着床し赤ちゃんができても、最初は自覚症状もなく、ママの体の外見の変化も特にありません。妊娠してから3週間ほどたった頃になると、人によってはムカムカしてきたりします。トイレの回数が増えたり便秘になったり、また風邪に似た症状を感じたりもします。

▽妊娠週数の数え方って知っていますか?

■妊娠4周期~7周期(妊娠2ヶ月)

この時期は「妊娠したかな?」とママが気がつく時期です。
早い人なら、つわりが始まる時期でもあります。お腹の赤ちゃんは、そら豆のような形でまだまだ人間の姿ではないですが、猛スピードで体づくりをしています!

▽“葉酸”の適正摂取量を知っていますか?

■妊娠8周期~11周期(妊娠3ヶ月)

ママのつわりがピークになる時期です。
吐き気で食欲がダウンしてしまう場合もありますが、ムリをして「赤ちゃんのためにいっぱい食べなきゃ…!」とプレッシャーに感じる必要はありません。食べられるときに食べられるものを食べましょう!しかし、水分補給だけはマメに行ってくださいね。水分補給が出来ない状態で嘔吐を繰り返してしまう場合は、脱水症状が進行しママの体が危なくなる危険性があります。その場合は必ず病院へ行きましょう。

▽この時期の便秘解消は?

■妊娠12周期~15周期(妊娠4ヶ月)

初期流産の時期はすぎて、いわゆる安定期に入ります。
安定期といっても、“流産を絶対しない時期”という意味ではないので、もちろんムリをしてはいけません。
また、赤ちゃんによってはこの時期から動きが激しくなってきます。

▽この時期から考えたいのが体重管理!

■妊16周期~19周期(妊娠5ヶ月)

マタニティヨガやピラティスが開始できる時期に入ります。
運動不足にならないよう、気晴らしにもなるので興味のある運動をしてみるのもオススメです!
ママはむくみが気になってくる時期でもあります。

▽むくむのは何故かしっていますか?

■妊娠20周期~23周期(妊娠6ヶ月)

この時期はマイナートラブルが多発するママが多いです。
体のかゆみを感じたり、抜け毛に悩んだり。産後には改善される症状なのでご安心を。
また、この時期は赤ちゃんの性別判断がほぼ正確にできます。動きもとても活発になってくる時期です!

▽この時期の“こむらがえり”を予防するには?

■妊娠24周期~27周期(妊娠7ヶ月)

お腹が大きいので、仰向けで寝たりすると圧迫感を感じ苦しくなります。この時期は横向きで寝るのがきっと楽でベストな体勢。
また、赤ちゃんは五感が発達してきます。例えば視覚。光も感じられるようになり、昼と夜の区別もつけられます。外界の音も聞こえているので、クラシック音楽などでママと一緒にリラックスできます。

▽胎盤のトラブルにご注意!

■妊娠28周期~31周期(妊娠8ヶ月)

この時期はマイナートラブルが多発するママが多いです。
体のかゆみを感じたり、抜け毛に悩んだり。産後には改善される症状なのでご安心を。
また、この時期は赤ちゃんの性別判断がほぼ正確にできます。動きもとても活発になってくる時期です!

▽この時期の“こむらがえり”を予防するには?

■妊娠32周期~35周期(妊娠9ヶ月)

いよいよ出産が近づいてくる時期!
気分の浮き沈みが激しくなる場合もがありますが、肩の力を抜いてのんびり出産に向かっていきましょう。リラックスが安産につながります。破水、おしるし、陣痛、がきますが順番は人それぞれです。焦らず、パパや家族にも協力をしてもらいながら赤ちゃんを待ちましょうね!

▽入院準備を始めましょう!


それぞれの妊娠時期によって、またママによっても状況が全然違うマタニティライフ。
時期ごとの赤ちゃんの様子や発達のこと、また自分の体の状態を知った上で出産まで毎日楽しく過ごしていけると良いですね。


次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.