妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 冷えだけじゃない!頻尿の原因と改善策

ママコラム

頻尿

冷えだけじゃない!頻尿の原因と改善策Vol.205

更新日時:2015年09月18日(金) 
妊婦さんの代表的なマイナートラブルの1つでもある頻尿。
トイレが近くなると、外出時など動きが鈍くなる妊娠中はなにかと不安になるものですよね。

体が冷えて寒さを感じるとトイレが近くなる...というイメージがあるかもしれませんが、妊娠中の頻尿は体の冷えだけではありません!
頻尿

[参考]頻尿

■妊娠中の頻尿の原因

もちろん体が冷えたときでも、尿意をもよおすことがありますが妊娠中はその他にも頻尿になる原因があります。

◎膀胱が圧迫されるため
妊娠したことによる自然な現象ともいえますが、子宮が大きくなることにより膀胱を圧迫することが頻尿の原因になります。
子宮はちょうど膀胱の裏にありますので、特に妊娠後期に入り子宮が大きくなると頻尿やさらに尿漏れに繋がることがあります。胎動が影響している場合も。

妊娠初期と妊娠後期によく見られますが、妊娠中期は子宮は骨盤より上部に移動するため、少し改善されます。
◎ホルモンの影響のため
妊娠中に分泌されるホルモンの中の、「黄体ホルモン」には膀胱の筋肉を緩めるという働きがあり、その影響で頻尿に繋がります。
もちろん個人差があり、必ずなるというわけではありません。
◎腎機能が活発になるため
血液量や体液が増加して、腎機能が高まります。
この影響により頻尿になったり、尿の量も増加します。

■膀胱炎に注意が必要!

トイレが近くなると、どうしてもめんどくさくなり我慢することが増えるかもしれませんが、そうすると膀胱炎になる可能性があります。
また別の感染症などにもつながらないようにトイレはまめに行くようにしましょう。

また頻尿になると水分補給を控えてしまいがちですが、これは絶対にNG!水分は時期に関わらずこまめに補給することが大切です。

次のような症状が見られる場合は、膀胱炎の可能性がありますのでかかりつけのお医者さんに相談してください。

・尿が濁っている
・毎回、残尿感が残る
・尿を排泄するときに痛みを感じる


今一度チェックしてくださいね!

■頻尿の改善と対策

妊娠に伴う自然現象なので、明確な治療というものではないですが、少しでも快適に過ごせるように工夫をして改善してみましょう!
◎カフェインを控える
妊娠すると「摂取しすぎに注意!」と言われるカフェインですが、カフェインには利尿作用があるため、頻尿になっている時は特に控えたいものです。
どうしてもコーヒーが飲みたくなったらカフェインレスのものを選びましょう!
◎就寝直前の飲食を避ける
頻尿で寝不足になる、という場合には特に就寝直前の飲食を控えましょう。
果物など利尿作用のあるものは、夜にはあまり食べないなどの工夫を。
◎体を冷やさない
体が冷えると、トイレが近くなります。気温の変化が激しい秋から冬にかけては特に注意しましょう。
カーディガンやブランケットを持っておくと良いですね。
◎尿漏れシートを活用する
尿漏れが気になるときは、生理ナプキンと同様、尿漏れ用のシートを活用してみましょう!
下着の汚れが気にならず、急な漏れによる焦りも解消されます。肌ストレスのあまりないものがオススメです。
◎寝不足時にはしっかりお昼寝!
尿で、夜に十分なと睡眠がとれず寝不足が続いているときは寝れるタイミングで睡眠をとりましょう。
体調を崩す前にしっかりお昼寝です。

■気にしすぎず快適に過ごすこと

頻尿や尿漏れは、トイレに行く頻度が急に多くなるのでどうしても心配になりますが、膀胱炎の症状などが見られなければそこまで気にしすぎる必要はありません。
不快感を感じることのないよう、工夫して過ごしましょう。

また頻尿は全員が必ずなるわけではありませんので、頻尿になっていないという場合も、もちろん気にする必要はないですよ。
参照: 「パピマミ」「妊娠Navi」「ココマガ」

次回もお楽しみに♪
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.