妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

ママコラム

赤ちゃん 夏バテ

赤ちゃんの夏バテVol.46

更新日時:2012年08月10日(金)
8月も2週目に入り、連日のように真夏日が続いています。これだけ暑い日が続くと食欲もなくなりいわゆる夏バテになってしまいますよね。小さな赤ちゃんを持つママにぜひ気をつけてほしいのは赤ちゃんの夏バテ。大人と同じように赤ちゃんだって夏バテになるのです。

【 赤ちゃんの夏バテの症状 】

大人は「食欲がない」「体がだるい」「消化不良や下痢」などが続くと夏バテと言います。赤ちゃんの場合は、「なんとなく元気がない」「離乳食を食べない」ようなら病気だけでなく夏バテも疑ってみるようにしましょう。

【 夏バテの原因 】

赤ちゃん 夏バテ そもそも夏バテの原因には次のようなことが挙げられます。

・夜が暑くて眠れず睡眠不足になる
・室外とクーラーのきいた室内の気温差により自律神経が乱れる
・水分の摂りすぎにより胃液が薄まったり、冷たいものを食べて
 胃の働きが悪くなり、食欲不振や消化不良になる


赤ちゃんが夏バテになると栄養不良になり、なかなか元気が戻らなくなるかもしれません。また、ぐずりがちになり、お昼寝も夜も眠れなくなる
なんてことも…

こうならないためにも、十分な睡眠と栄養バランスの良い食事をとって夏バテを予防しましょう。

【 たっぷり睡眠をとるために 】

・クーラー
赤ちゃんや子どもにクーラーをつけても良いもの?と悩むママもいるかもしれませんが、暑いのを無理すると睡眠不足で 夏バテになってしまいます。温度を下げ過ぎず、風が直接赤ちゃんに当たらないようにしてつけてあげましょう。
設定温度は、室外の気温と室内の温度の差を5℃以内にすることを目安にしましょう。外の気温が35℃なら設定温度は30℃です。下限は28℃を目安にしておくと良いでしょう。

【 赤ちゃんが離乳食を食べないなら 】

赤ちゃんでも夏バテで食欲がなくなることがあります。ママは『なんとか食べさせないと!』と思いがちですが、無理に食べさせようとすると、離乳食やご飯の時間が嫌いになってしまい、ますます食べなくなってしまうことも考えられます。
食欲が一時的に落ちてもあまり焦らずに、消化の良いものやのどごしの良いものをあげて様子を見るようにしましょう。場合によっては、1~2日離乳食をお休みしてミルクでしのぐくらいの気持ちでも大丈夫です。生後6ヶ月過ぎの赤ちゃんなら、冷たくてのどごしの良いアイスを少量あげてみるのもオススメです。バニラアイスなら原料は牛乳、卵、お砂糖なので栄養価も豊富。たくさんあげるのは糖分の摂りすぎや体を冷やす原因になるのでNGですが、少しなら問題ありません。

【 赤ちゃんの夏バテにオススメの食べもの 】

赤ちゃんでも夏バテで食欲がなくなることが次の離乳食は、口当たりが良く、冷やしてもおいしいのでオススメです。
・りんごのすりおろし
・じゃがいもの冷たいスープ
・茶碗蒸し

【 夏バテでもNGな食べもの 】

大人の夏バテ対策のために食べる食材として、ニンニクやショウガがありますが、これらの食材は赤ちゃんには刺激が強いのでNGです。
赤ちゃんは夏バテになっても、自分の言葉で症状を伝えることができません。ママが気をつけて見てあげて暑い夏を乗り越えましょう!

次回Vol.47は「風疹抗体について」です。



お楽しみに♪
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.