妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 赤ちゃんの胎動を感じてみよう!

ママコラム

胎動 写真

赤ちゃんの胎動を感じてみよう!Vol.60

更新日時:2013年11月16日(金) 
妊娠した多くのママが、妊娠18~20週ごろから、赤ちゃんの胎動を感じるようになります。
本当はもっと早くから赤ちゃんは動いていますが、このころから動きが活発になり、ママにも伝わるようになります。

【 胎動を感じるのはどんなとき?どんな感じ? 】

妊婦 イラスト 胎動を感じるタイミングは、
1位 横になっているとき
2位 就寝前
3位 入浴中

の順に多いようです。
ママが動いているときよりじっとしてリラックスした状態のときの方が、胎動を感じやすいみたいですね。感じ方はママによってもそれぞれですが、初めて感じる胎動は奇妙な感じがするかもしれません。
腸がぐるぐる動いているような感じに似ています。味わったことのない感覚なので、すぐに「これが胎動か」とわかるでしょう。もう少し成長すると赤ちゃんの動きらしく感じられるようになります。

胎動には、赤ちゃんの性別や性格が現れるようで、活発な子はおなかの中でもよく動き、おっとりした子の胎動は穏やかみたいです。
先輩ママたちの中には、女の子のときは、「ポコポコ、グニュ~っという感じだったけど、男の子のときは、ガンガン!ボコッ!!という感じだった」と言う声も。

【 胎動を感じたらこんなことをしてみよう 】

おなか全体をなでてみて
赤ちゃんの触覚は、五感の中でも最も早く発達します。赤ちゃんの存在を意識しながら、おなかを優しくなでてみてください。ママの手のぬくもりが赤ちゃんに伝わり、良い刺激になります。パパや家族にも触ってもらいましょう。

ゆっくりとした散歩
ママがゆっくり散歩をすれば、歩くときの振動とリズムが伝わり、羊水がゆらゆらと動くので、赤ちゃんに適度な刺激を与えます。
散歩をしながら良い空気をたっぷり吸って、赤ちゃんにも良い酸素を届けてあげましょう。

赤ちゃんに話しかけて
「おはよう」や「おやすみ」など、あいさつや毎日の出来事をおなかの赤ちゃんに話しかけてみましょう。
ママの声は赤ちゃんにとって一番聞き取りやすい音なので、たくさん話しかけてください。声を出して絵本を読み聞かせるのも良いですね。

リラックスする時間を
好きな音楽を聞いたり、映画を見たり、ママがリラックスする時間を作りましママの気持ちはおなかの赤ちゃんにも伝わるもの。ママが妊娠中、穏やかに過ごせていれば、赤ちゃんも穏やかに過ごせます。イライラをためこまず、ストレスのない生活を心がけましょう。

【 パパもコミュニケーションをとって 】

おなかに赤ちゃんがいるママに比べて、パパは親としての自覚がなかなか芽生えないもの。
赤ちゃんの胎動をきっかけに、ぜひ、パパもママのおなかに触れて“父親”としての第一歩を踏み出してみましょう。
おなかの赤ちゃんにもちゃんとパパの声は聞こえているのですよ。いつも聞いているママとちがうパパの声を聞くうちに、赤ちゃんはパパの声も覚えてくれるかもしれません。
初めは恥ずかしいかもしれませんが、ママと一緒におなかの赤ちゃんとのコミュニケーションをとってみましょう。

【胎動で赤ちゃんの元気度をチェック!】

最初のうちは、胎動を感じる回数は少ないのですが、妊娠週数が進むと、毎日定期的に感じられるようになってきます。
そのため、「胎動カウント」という方法で、赤ちゃんが元気か確かめることができます。自宅で簡単に調べることができるので、ぜひやってみてください。

胎動カウントの方法
胎動カウントの方法は、赤ちゃんが10回動くまでの時間を計るだけ。赤ちゃんがよく動く時間帯に記録してみてください。
ある程度大きくなった赤ちゃんは、短いですが寝ている時間と起きている時間のリズムができているので、眠っている間は動きません。動き始めたら時計を見て時刻をメモし、回数を数えます。30分以内に数えられるママが多いと思いますが、1時間たっても数えられなかったら一度休憩して、再度挑戦してみましょう。
それでも数えられなかった場合は受診がすすめられます。実施するときは、産院とも相談して始めましょう。


いかがでしたか?
胎動をきっかけに、ママもパパも赤ちゃんの存在がより身近に感じられるようになるはず。積極的に赤ちゃんとコミュニケーションをとってあげて、赤ちゃんの動きを感じられるこの時期を楽しんでくださいね。

次回もお楽しみに。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.