妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

ママコラム

靴下 写真

胎動についてVol.67

更新日時:2014年01月11日(金) 
胎動はおなかの赤ちゃんを感じることができて、ママにとっては「赤ちゃんがいる」という実感が湧き嬉しいことですよね。
その一方で赤ちゃんが動かないことや活発すぎる!?などと不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回のママこらむでは「胎動」についてご紹介します。

【 胎動とは? 】

妊婦 イラスト 胎動とは、おなかの中で赤ちゃんが動くことで早い人では妊娠17週ごろから感じる方も。胎動の感覚としては、腸がグルグルと動くような感じで胎動の感じやすさには個人差と時間帯があり、胎動を早く感じやすいのは、痩せているママ・出産の経験があるママで時間帯としては夜になります。
夜に胎動を感じやすくなる理由は昼間ママが動いていると赤ちゃんは揺られて眠たくなっていることが多く、逆に夜に胎動をよく感じるようになるためです。

【 赤ちゃんってどういうふうに動いているの? 】

グルンと動いたと思ったら蹴られた感覚がある…というように赤ちゃんはママの体の中で様々な動きをしているようですね。 一体赤ちゃんはママのおなかの中でどのように動いているのでしょうか。
胎動でママが感じる赤ちゃんの動きは大きく3つあります。
・手足の曲げ伸ばし
おなかをパンチやキックされている感覚があり、 力が強くなってきたり、強いときは痛みを感じることがあります。 痛いときはママが姿勢を変えることで赤ちゃんのおなかの中での動きが変わり、痛くなくなることがあります。
・回転運動
体全体を回転させたり、向きを変えたりしています。
ママのおなかの皮膚が動くことがあり、 赤ちゃんが大きくなるとママの体を
揺さぶるほどになります。
・しゃっくり
赤ちゃんがしゃっくりをしていると規則的な振動を感じます。しゃっくりは20~30分たつと自然に止まります。

【 赤ちゃんが動かない日がある!大丈夫なの? 】

胎動には今日はたくさん動くわ。という日もあれば今日はすごく静かね…。という日もあります。
そして、他のママ友の赤ちゃんはたくさん動くのにうちの子はあまり動かないなどと不安に思うママもいらっしゃるのでは?

胎動には赤ちゃんの性格など個人差があります。
ママのおなかの中の状態にもよるので あまり長く動かない限りは問題はありません。

赤ちゃんは酸素や栄養素が十分あるときによく動き、赤ちゃんのエネルギーが消費されているときは温存するためにあまり動かないこともあります。
妊婦健診をしっかりと受診し、先生から「問題ない」と言われていれば<1日動かなくても安心していいようです。

逆に大きな胎動で逆子が心配になってしまうかもしれませんが、
妊娠35週目までは、赤ちゃんは頻繁に動くので 自然に直る可能性が高くなります。

【 胎動のこんなときには注意! 】

胎動を感じるときにママのおなかが張ったり、硬くなったりすることがあります。 すぐに治れば問題はないですが
・おなかが頻繁に張る
・張りが長時間続く
・出血がある
・胎動を感じない日が続く

このような症状の場合は早急に受診するようにしましょう。

いかがでしたか?
胎動は赤ちゃんとママと赤ちゃんのコミュニケーションのような役割を果たします。赤ちゃんが元気で胎動が痛かったり、眠れないときでも赤ちゃんに話しかけ、ママも楽しんでみてはいかがでしょうか?

次回もお楽しみに。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.