妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > ママと子どもの公園遊び

ママコラム

手 写真

ママと子どもの公園遊びVol.80

更新日時:2014年04月12日(金) 
気候もおだやかになり、気持ちの良い春風が吹いている今日この頃。
ぽかぽか良いお天気の日は、お子さまと一緒に、お外で遊ばれるママも多いのでは?お外遊びの定番と言えば、公園遊びですよね。

しかし、ケガや事故、お友だちとのトラブルに加えて、最近では放射能問題などで、「公園で遊ばせるのは不安だな」と感じているママも少なくないと思います。でも公園遊びって、お子さまにとってすごく大切なことなんです。

そこで今回のママコラムでは、「公園遊び」についてお話します。

【 社会性を身につける場、「公園」 】

滑り台 写真 上で挙げたように、お外で遊ばせることは確かに危険もあり、挙げていくとキリがありません。

では、公園遊びは何のための時間なのでしょうか?公園遊びで最も重要な点は、“社会性を身につけるための時間”であるということ。

産まれてから今まで、家族の愛をたっぷりと受けて育ってきたお子さまが視野を外に向けて、家族以外の人と関わりを持つことにより、

「友だちは今何を感じているか」
「どんな気持ちなのか」
「みんなの為に、自分が何をすれば良いのか」

などを感じとる力を身につけていくのです。

また、自分とは違う“他人”と接することで、子どもは自分と他の子との違いに気づいていきます。そして、その違いを受け入れ合い、お互いの得意なことを教え合うことで、お友だちとの関係を築いていく力を身につけていきます。

こう考えると、公園遊びで「外の世界に触れさせる」ことが、どんなにお子さまの今後の人生に必要かがわかりますよね。

初めての公園遊びで不安に思っているママも、ぜひ上記のことを踏まえて、お子さまを外に遊びに連れて行ってくださいね。

【 公園で遊ぶための、万全の準備! 】

さて、では実際に公園に遊びに行くとき、どんな準備をしていけば、ママもお子さまも気持ち良く遊べるでしょうか?
砂遊び 写真
《服装はオシャレよりも動きやすさを重視して!》

・長ズボン
転んでもケガをしにくいように、長いズボンを履きましょう。滑り台などでも思い切って遊べるよう、女の子もスカートよりズボンを履かせてあげましょう。
・薄手の上着
子どもは新陳代謝が良いので、少し遊んだだけですぐに汗をかきます。何枚も重ね着をさせず、できるだけ薄着をさせてあげましょう。上着も薄着の動きやすいものを。
・運動靴
遊具に登ったり、足場の悪いところに挑戦したりと、とにかく子どもは冒険好き。ブーツやサンダルなど、足首の安定しないものは、ケガに繋がります。運動靴を履かせて、思いっきり遊ばせてあげましょう。

服装は、とにかく〝動きやすさ”を最優先するようにしてください。オシャレをしていっても、帰る頃には泥んこになっているのがオチ。お子さまが動きやすいのはもちろん、ママも一緒に遊べるように、親子揃って動きやすい服装を心がけて。

《ママの対応力!トラブルが起きても根気強い対応を》

公園では、子ども同士でおもちゃや遊具の取りあいなど、トラブルが起こる可能性も当然あります。
そんなとき、ただやみくもに怒ったり怒鳴ったりするのではなく、根気強く一つひとつ、教えてあげるのがママの役目。

例えば、おもちゃの取りあいになった時には、
「お友だちのおもちゃが使いたいんだよね。
 でも、あれはお友だちのだから、勝手に使ったら、お友だちもびっくりしちゃうよ。
 使う前に『貸して』って、聞いてみようか?」

などと声をかけて、気持ちの橋渡しをしてあげてください。

遊具を譲らない子にも同様に、
「楽しいからずっと乗りたいよね。でも、○○君と同じように、
お友だちも、これで遊びたくてずっと待っているよ。お友だちの気持ちわかるよね?
だから、そろそろ交代してあげようか。」

と、まずはお子さまの気持ちを受け止めたうえで、
しっかりと目を見て、伝えてあげましょう。

いかがでしたか?公園遊びは子どもの成長に必要な、大切な時間です。親子で楽しい公園遊びの時間を過ごしてくださいね♪

次回もお楽しみに。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.