妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママコラム一覧 > 体温コントロールで涼しい夏を!

ママコラム

海 写真

体温コントロールで涼しい夏を!Vol.93

更新日時:2014年07月12日(金) 
今年は各地とも例年より早く梅雨が開け、夏本番となりました。
蒸し暑い日々が続いたかと思うと、今度は真夏日が続きます。
体も気分もだるさを感じてしまいますね。

夏を乗り切るための体力をつけるために食事も大切ですが、体温をコントロールする工夫で、涼しい夏を過ごしましょう。
特に体温調節が自分ではできない子どもや赤ちゃんこそ、体温調節に工夫が必要。
お子さまの体温調節法もご紹介します。

【 体にとって重要な役割をする水分 】

成人の体の約60%、赤ちゃんや幼児の体の約80%を占めている水分。
体の中の水分の働きは、
① 栄養分などを溶かして身体の隅々まで運ぶ
② 不要物質を溶かして排泄するという消化と吸収の働きをする
③ 汗をかいたり、尿を出したりといった体温調節をする

などなど…体内でスムーズに循環することで、健康な状態を維持してくれる
さまざまな働きをします。

【 体温をコントロールするのはどうしたらいいの? 】

特に、夏の暑~い時期、気温が上がることで体温も上がるので、水による体温調節は必須。

体温の上昇を抑えるために放熱が必要となり、汗をかくのはこのためです。

でも出来れば女性にとって汗はあまりかきたくないですよね。
そこで、体温をコントロールすることで、汗かき知らずの体を作りましょう。
高熱 写真
◆体温の上昇を抑える方法
体温の上昇自体を抑えるには
「リンパ節を冷やすこと」が大変効果的。体内を駆け巡っているリンパ液を冷やすことによって、体温の上昇が治まります。
効果的な体の部位は、
① 首の後ろ 
② 左鎖骨の下 
③ 脇 
④ 太ももの付け根 
⑤ 膝の裏

これらの部位を冷やすことで、発汗を抑えることができます。
☆手作りアイスピロー☆
① ハンドタオルやフェイスタオルを水で湿らせる
② 冷凍庫で凍らせる
③  ②をビニールやラップにくるみ、首の後ろなどの部位にあてる
☆手作りミントウォーター☆
① 50ccの精製水(水道水でもOK)をアトマイザーに入れる
②  ①にハッカ(薄荷)油5滴を垂らして混ぜる
③ 冷蔵庫で冷やせば出来上がり
ミントウォーターを首、脇、ひざ裏へシュッとひと吹きすれば、
スースーして汗が止まるだけでなく、香りでも涼しさを感じられます。

【 子どもの体温調節に注意しましょう! 】

最近の家庭では、エアコンを使用されていると思いますが、 エアコンに慣れてくると、なおさら体温調整が難しくなります。
体調管理が自分ではできない子ども、特に赤ちゃんこそ、ちょっとした体温調節に工夫が必要です。

また、1歳くらいまでの赤ちゃんは、新陳代謝が活発なため、顔や体に皮脂がたまってしまいます。
汗や皮脂汚れをそのまま放っておくと、おむつかぶれや乳児特有の湿疹の原因になることもあります。
◆子どもの体温調節のコツ
子どもは大人よりも活動量が多く、新陳代謝が
良いため、汗っかき。
少し遊ぶだけで、ダラダラと汗をかくのが、この
時期です。
あせもを防ぐためにも、体温調節で汗をかきっぱ
なしにしないようにしてあげましょう。
麦わら帽子 写真
・衣服を組み合わせて対応しよう
体温調節のコツとしては、衣替えのときに長袖のTシャツを
何枚か残し、肌着と半袖Tシャツとを組み合わせ、気温に
応じて使い分けをするようにすることがオススメ。
外出する際や帰宅が夜遅くなりそうな場合は、薄手の
上着を持ち歩くと
気温の変化に対応でき安心です。
・着替えのタイミングを覚えさせよう
着替えのタイミングには、子どもが「寒い」「暑い」という感覚を肌で感じられるように、ママから
「今朝はちょっと暑いね。でも、朝は涼しいから、半袖の上に薄手の長袖を着ておこうね」
「汗がベタベタして気持ちが悪い?お着替えしようね」など、
状況と理由をわかりやすく話してあげることが大事。
子どもの頭の中で状況判断をする・そして物事を考える練習になり一石二鳥です。


いかがでしたか?
真夏日が続きそうな今年の夏。エアコンに頼らないで、暑さを乗り越えられるように、
さまざまな工夫で、体温コントロールをしてくださいね。
打ち水やすだれ、家族揃ってタライのお水に足をつけながら麦茶を飲んだり、
スイカをほおばったり、涼しくなる工夫をして、夏を思いっ切り楽しんでくださいね。

次回もお楽しみに。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.