妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママ/育児の豆知識 > 赤ちゃんのスキンケア > やってみよう!!おうちでスキンケア

美容と健康

洗顔

やってみよう!!おうちでスキンケア

家で簡単にできる赤ちゃんのためのスキンケアです。基本をしっかり学びましょう。

スキンケアの基礎とは?

赤ちゃん スキンケア

可愛い赤ちゃんのすべすべのお肌。
ずっと守ってあげたいというのは、ママの願いですね。


もちもちキレイな赤ちゃんのお肌は、実はとってもデリケートなんです。また、お肌が薄いのも特徴のひとつ。大人の約半分の薄さしかないのです。外からの刺激を防ぐ機能もまだ完全に発達しているわけではありません。こんなにもデリケートな赤ちゃんのお肌、しっかりとケアして、水分や油分を補ってあげることが大切です。

スキンケアのポイント

赤ちゃんの時のスキンケアが一生ものの肌の基本をつくると言われているのです。しっかりとケアしてあげる必要があります。

◎乾燥は大敵!保湿をしっかりと

ママと同じく、赤ちゃんのお肌も乾燥は大敵です!赤ちゃん専用の低刺激のボディーソープなどで、優しく洗ってあげましょう。洗いすぎは絶対にNGです。お風呂からあがったら、乾燥する前にすぐにローションやクリームでしっかり保湿してあげてください。特に冬は保湿性の高いものを塗って上げても良いですね。水分の多いローションよりも、油分の多いクリームや乳液が赤ちゃんの肌にはオススメです。

湿気の多い夏でも、お肌の水分量は大人の半分しかありません!ただ、赤ちゃんのお肌の状態を慎重に見る必要もあり、蒸し暑い夏に油分を多く含んだオイルやローションを塗ると、汗や皮脂と混じって湿疹が出てしまう場合もありますので注意です。

◎手で優しく洗うのがベスト!
ベビーのお肌はとってもデリケート。ガサガサしたナイロン製のスポンジは絶対にダメ!一見柔らかそうなガーゼやタオルでも、物によっては荒く、赤ちゃんの肌には刺激が強すぎてしまいます。繊細な部分や顔の皮膚はもちろん、全身手で優しく、またふわふわの泡で洗ってあげましょう。

◎保湿ケア用品の成分をチェック!
様々な保湿ケア用品があり、一体何を優先的に選べばよいのかわからない、そんな風に思ったことはありませんか?まず一番初めに確認したいのは“安全性”です。基本中の基本ですが、とにかく保湿してあげなきゃ!と意気込むうちに意外と見落としがちなのではないでしょうか。

安全性を第一に考えた場合、赤ちゃんのお肌への刺激が少ないものを選んであげてください。まずは成分表示を見て、化学合成の成分や添加物、香料などが入っている場合、少し注意が必要です。大人であるママのお肌でさえも、悪影響を及ぼす場合がるので、「赤ちゃん用」とパッケージに書かれたものでも注意してください。天然成分の優しいものを選んであげてくださいね!「アレルギーテスト済み」と書かれたものもOK!

記事の参考サイト

■goo ベビー
■natural science
■イクシル
■ママナビ
■スキンケア大学

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
特に冬場は保湿が大切ですね!赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートなので、ママやパパがしっかりとケアをしてあげてください。 お肌への直接的なケア以外でも部屋や衣類など気を付けたいポイントがあるので是非チェックしてくださいね!
 
 
ママ肌のスキンケアのことならマタニティ情報サイトママテラス。荒れた肌の困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。ママライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.