妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママ/育児の豆知識 > 赤ちゃんの緊急対策方法

美容と健康

看護ウサギ

赤ちゃんの緊急対策方法

赤ちゃんは体調が悪くなっても、伝える言葉をしゃべれません。はやく気づいてあげることが大事です。

赤ちゃんの変化を知ること

赤ちゃんは、体調が悪くても「言葉」で伝えることができません。そのため、ちょっとした体の変化でも気づいてあげることがとても大切です。普段から赤ちゃんの様子をチェックして、体調の変化にいち早く気づいてあげましょう。

抵抗力の弱い赤ちゃんはウイルスなどによって風邪をひきやすく、体力もないので重症になることもあります。大人が持っている病気の抗体もまだないので、小さいうちはさまざまな病気にかかるのは仕方のないことです。しかし、防げる重症な病気は予防接種で予防し、いつもと様子がちがうと思ったら医療機関の診察を受けるなど、普段から赤ちゃんの健康は最優先に気を配ってあげましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんは、実はあまり病気にかかりにくくなっています。ママのおなかにいるときにママからもらった免疫や、母乳に含まれる免疫があるからです。しかし、これも生後6ヶ月ごろになると少しずつ減ってきます。ママから免疫をもらいつつ、自分で免疫を作っていくのです。これ以降は病気にかかっても珍しくありません。普段から赤ちゃんが病気にかかった場合に備えて以下のことをしっかりと把握しておきましょう。

 
アイコン

産まれたばかりの赤ちゃんは、実はあまり病気にかかりにくくなっています。ママのおなかにいるときにママからもらった免疫や、母乳に含まれる免疫があるからです。しかし、これも生後6ヶ月ごろになると少しずつ減ってきます。ママから免疫をもらいつつ、自分で免疫を作っていくのです。これ以降は病気にかかっても珍しくありません。抵抗力の弱い赤ちゃんはウイルスなどによって風邪をひきやすく、体力る...⇒続きを読む

 
 
 
アイコン

・赤ちゃんの平熱を把握しておく
普段から赤ちゃんの平熱を知っておくことですぐに体調の変化に気づくことができます。
・救急センター、夜間祝日の担当病院の場所を把握しておく
赤ちゃんの熱があがる時間帯は、夜が多いです。このような場合はかかりつけの病院ではなく、救急センターに行くことになり...⇒続きを読む

 
 
アイコン

赤ちゃんは比較的頻繁に熱が出ます。発熱は特定の病気ではなく、体にウイルスや細菌が入ると、これらと戦おうとする体の防御反応によって起こる症状です。 高熱が出るとママは心配になりますが、熱が原因で赤ちゃんが亡くなったり、脳などに後遺症が残ることはありません。後遺症が残るのは熱ではなく、重病のもととなるウイルスに感染するためです。こうした病気のときは40度などの高...⇒続きを読む

 
 
アイコン

赤ちゃんは、体に比べて頭が大きく、重たいため、転びやすく、バランス感覚も十分に発達していません。では事故が起こらないようにするにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。事故が起きないよう注意したり、転んだりしたときに家具の角やガラスにぶつけないように、部屋の中の安全対策をしっかりとしてください。ハイハイができるようになったら、危ない箇所にはゲートをつけましょう。また...⇒続きを読む

 
 
 
 
赤ちゃんの緊急対策のことならマタニティ情報サイトママテラス。赤ちゃんの体調や雰囲気が違っていたり、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。ママライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.