妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

たたかう赤ちゃん

赤ちゃんがよくかかる病気

赤ちゃんが良くかかってしまう病気を知っておくことで早めの対応を心がけよう。

赤ちゃんがよくなる病気一覧

バイキン イラスト ■湿疹
カサカサしたり、ベタベタしたり、ジュクジュクしたりさまざまな症状がある乳児湿疹。まだ産まれて間もない時期に、脂分の分泌が多い場所に見られるのは、脂漏性湿疹です。また、乾燥による湿疹ができることもあります。このような湿疹はアトピーと判別がつきにくいため、あまりにも治らない、またどんどん悪化している場合は病院のお医者さんへ相談しましょう。

■嘔吐
赤ちゃんの胃は、大人と違いまっすぐで、入口がしっかり締まっていないため、ちょっとした刺激でもすぐに吐いてしまいます。おっぱいがよく出る時期に多いです。病気の可能性で言うと、風邪・肥厚性幽門狭窄症・急性胃腸炎・髄膜炎など。気を付けて体調をみてあげてくださいね。

■下痢
体調をくずすとすぐに下痢をする赤ちゃんがいます。体質的に下痢をしやすいタイプなのかもしれませんね。風邪が治ると同時に下痢も治るのであれば問題ありません。やわらかくて消化のよいご飯を食べさせてあげながら、気を付けて様子をみてあげてください。

■咳
赤ちゃんは喉も大人よりも敏感にできているので、よく咳をします。たんを伴う咳をすることもありますが、長期間でなければ、ほぼ心配はいりません。しかし、万が一高熱が出ているときは、気管支炎や肺炎などの可能性がありますのですぐに病院に連れて行ってあげましょう。ぜーぜーという、聞きなれない咳をしている場合は、喘息の可能性があるので、お医者さんに相談しましょう。

記事の参考サイト

■gooベビー
■babys room net
■花王 赤ちゃん相談室

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
赤ちゃんがかかる病気についてあらかじめ知っておく方が、何かあった時に早めの対応ができますよね。
赤ちゃんを守るのはママやパパです。まだ赤ちゃんが言葉がわからないうちは、特に気を付けてみてあげて下さいね。
 
 
赤ちゃんがよくかかる病気のことならマタニティ情報サイトママテラス。赤ちゃんの症状や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。ママライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.