妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ママ/育児の豆知識 > 赤ちゃんの緊急対策 咳編

美容と健康

赤ちゃん

赤ちゃんの緊急対策 咳編

赤ちゃんの病気はママにとって心配!咳がでたらこんな場合が考えられます。

咳がでる・ゼェゼェするとき編

さむーい季節になると、空気が乾燥することもあり風邪が流行ります。その代表的な症状として挙げられるのが「咳」ですが、産まれたばかりの赤ちゃんの場合、風邪や病気でなくても気管にゴミが入り、入ったゴミを出すために咳をする事があります。ですので、咳がずっと続くわけではなく何回か軽い咳をする程度であれば、特に心配することがないのがほとんど。
しかし、咳の症状でも場合によれば緊急性の高いものもあるので、ママやパパはよく赤ちゃんの様子を見るようにしてあげてください。

咳の種類は大きく分けて2種類

赤ちゃんの咳には、大きく分けると2種類あります。

ひとつは、「コンコン」という乾いた咳です。原因は、煙やホコリなどの異物でのどが刺激されたとき、または風邪でのどが炎症を起こしたときなどが考えられます。この場合、症状にもよりますが、たいていの場合はしばらく様子を見ておいても大丈夫だと思います。
咳 赤ちゃん
一方で「ゴホゴホ」「ゼロゼロ」といった湿った咳の場合は、気管支や肺が炎症を起こしている場合も考えられます。炎症を起こすとたんが分泌されるので、たんを切るために咳をしたり、胸が鳴ったりするのです。
軽い症状の場合は様子を見ても良いかと思いますが、発熱や腹痛、嘔吐などを併発することもしばしばあるので、咳の回数が増えてきたり、1週間以上症状が続くようなら病院へ行きましょう。

百日咳って?

百日咳は、"百日咳菌"が原因で起こる急性の気道炎。予防接種もあるので、聞いたことのあるママも多いはずです。

赤ちゃんにはこの菌の免疫がないため、1歳未満の赤ちゃんが感染すると激しい咳によって呼吸が止まることもあるなど、重症になりやすく、とっても怖い病気です。
感染してから症状が出るまでの潜伏期間は約1~2週間ほど。菌が肺に及ぶと「百日咳肺炎」を合併することもありますので、三種混合の予防接種で、早めの対策がベター。ただ、予防接種を受けていても感染することもしばしばあるようですので、注意が必要です。

百日咳は、その名の通り症状が長く続くのが特徴です。しかも、せきやくしゃみによる空気感染など、とても移りやすい病気ですので、自分のお子さまが移らないように注意するのはもちろんですが、逆にお子さまが百日咳の疑いがあるのなら、外に出さずにすぐに病院に連れていった方が良いでしょう。

咳がでてるときの食べ物は?

ゼリー

せきをするとおなかに力が入り、胃が圧迫されるので、離乳食を与えても吐いてしまう赤ちゃんが多いのですが、比較的元気な様子であれば、ご飯を食べても問題はありません。
ただ、ごっくんするときにのどに痛みを感じ食べにくそうにしている場合は、ゼリーやポタージュスープ、プリンなど、のどごしの良いものをあげるなど工夫してあげてください。
みかんやレモンなど、柑橘系を使用した離乳食は、のどを刺激するので控えめに。

家でできるケア

生後半年を過ぎるころから、ママからもらった免疫がなくなり、風邪などをひく機会がふえてきます。病院から処方される薬でも症状を和らげることはできますが、風邪などの病気はくりかえすことから免疫をつけていくもの。家でのホームケアで自然治癒力を高めるケアを心がけましょう!


・部屋の湿度を保つこと!
空気が乾燥していると、咳が出やすくなります。特に冬は空気が乾燥しやすいので、部屋に洗濯ものやぬれタオルを干したり、加湿器を使って部屋の湿度を下げないように工夫してあげて。湿度はだいたい60~70%、室温は22~25℃くらいを目安にしましょう。
もちろん、空気をきれいに保つことも大切です。

・合間を見て、水分補給!
水分補給も大切です。咳がとまるタイミングをみはからって、水やお茶、イオン飲料、経口補水液などを一口ずつ飲ませてあげましょう。一度に大量に飲ませると咳の拍子に吐いてしまう恐れがあるので、少量を少しずつを心がけてください。

・楽な姿勢にしてあげること!
寝るときに体が温まると咳が多くなることがあります。また、あおむけに寝かすよりも、座らせたり抱っこされている姿の方が呼吸がしやすいので、咳をしているときは、たて抱きなどをして楽にしてあげてください。また、背中にクッションなどを当てて上半身を少し高くして寝かすと楽になるみたいです。
また、寝ているときに咳込み吐いてしまうと気管に詰まってしまう場合もあるので、顔は横向けの方が良いでしょう。

チェックしよう、赤ちゃんが咳をしているとき

たかが咳、といっても症状によっては早急な処置が必要になる場合もあります。赤ちゃんの様子をしっかり観察して、緊急性があるようならすぐに病院に連れていくようにしてください。

咳 緊急時

記事の参考サイト

■花王メリーズ 赤ちゃん相談室
■know VPD

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
赤ちゃんの咳が続くと心配になりますよね。
まずは赤ちゃんがどのような咳をしているのか、唇の色はどうかをチェックをしましょう。
 
 
赤ちゃんの咳のことならマタニティ情報サイトママテラス。赤ちゃんが苦しそうな咳をしていたり、いつもと違う咳で不安なママは、ママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。ママライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.