妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 赤ちゃんのお世話 > 初節句を楽しもう!

育児

初節句

初節句を楽しもう!

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句を初節句といいます。
掲載日:2014.01.15

日本では、子どもに関するお祝い行事がたくさんあります。生活の変化によって簡略化されたりすることも多いですが、知っておいて損はないですよね。
今回は、子どもが生まれてから初めて節句を迎える際に行うお祝い行事、「初節句」をピックアップ!

初節句って何? / 時期はいつ? / お祝いの仕方 / 次男・次女の場合は?
ひな祭り

[参考]ひな祭り

初節句って何?

節句とは「年間の節目となる日」のことで、
1月7日(人日)・3月3日(上巳)・5月5日(端午)・7月7日(七夕)・9月9日(重陽)があります。

初節句とは、「子どもが生まれてから初めて迎える節句」のことで、いわゆる「ひな祭り(3月3日)」「こどもの日(5月5日)」がそれにあたります。
この日は赤ちゃんが健康に育つことを願い、また厄除けのためにお祝いをします。節句のための人形や造花を飾ったり、食事をしたりと、家族や親戚がそろって盛大にお祝いをする行事です。


時期はいつ?

お産 イラスト

女の子なら、生まれて初めて迎える3月3日
男の子なら、生まれて初めて迎える5月5日

ですが、生まれたばかりで節句を迎えてしまう場合は翌年にしてしまうご家庭も多いようです。
生まれて1ヶ月も経っていないような慌ただしい中で初節句の準備までするのは難しいですよね。

厳密な決まりというものはありません。ママや赤ちゃんの様子をみて無理のない時期に行えば大丈夫ですよ♪


お祝いの仕方

人形や造花を飾り、両家の祖父母や親戚を招いて食事をするのが一般的です。

●人形・飾り付け●

人形を出したり、飾り付けをするのは初節句当日よりも早めに行うことが多いです。

女の子…雛人形・桃の花など
雛人形は早い時期から飾りはじめ、3月3日が過ぎたら早めにしまうように言われています。いつまでもしまわないでおくと「お嫁に行き遅れる」と言われているからですね…!

男の子…五月人形(武者人形・鎧飾り・兜飾り)・鯉のぼり・花菖蒲
雛人形とは違って飾る時期に関する伝え話はありません。あまりにも遅くならないように時期をみてしまうくらいの感覚でOKです。

兜・雛人形 画像

ポイントスタート

こうした人形は母方の両親から贈るのが元々の習わしでしたが、最近では両家で話し合って分担をすることが多いようです。飾るためにはある程度の場所が必要となることもあり、現金を渡して住宅事情に合ったものを選んでもらうという方法をとることも。

ポイントエンド 画像

●食事●

祖父母や親せきからお祝いを頂いた場合、初節句のお祝いの席に招待します。
この時の食事が内祝いとなります。

女の子…お供えとしては白酒や雛あられ、菱餅など膳としてはちらし寿司や蛤のお吸い物を出します。

男の子…お供えとしては柏餅(主に関東)、ちまき(主に関西)膳としては何でもOKです。子どもが好きなものを作ってあげるのが一番良いのではないでしょうか。

最近ではレストランで食事をしたり、神社にお参りをするといった方法で初節句とするご家庭も見られるようです。こちらも厳密な決まりはありません。両家で話し合って各家庭のやりやすい形で行えばOKです♪

ポイントスタート

招待できない場合は、内祝いを贈りましょう。頂いたお祝いの1/3~1/2相当の金額のものでOK。
子供の名前付きのお砂糖やお菓子、タオルなど様々です。ギフトセットも豊富なので調べてみると良いでしょう。貰って困らないものであれば嬉しいですよね!

ポイントエンド 画像

次男・次女の場合はどうする?

女の子の場合は、雛人形の人形や飾りを追加したり、雛人形の代わりに市松人形を贈ることもあるようです。男の子の場合は、一人目の子にあげたものとは違う新しい武者人形や兜を贈ります。

ポイントスタート

五月人形の場合は、雛人形のように人形や飾りを追加しないのが一般的だそうです。
人形が赤ちゃんの厄除けの役割を持つとされているため、一人一飾りが基本なのだそうですが、絶対に一人一飾りでなければならないと決められている訳ではありません。これも家庭事情に合わせて、新しく買うのか、そのまま引き継いで飾るのか判断すると良いでしょう。

ポイントエンド 画像

初節句のまとめ

★初節句とは、子どもが生まれてから初めて迎える節句。赤ちゃんの健康と厄除けを願う。
★女の子は3月3日、男の子は5月5日。
※赤ちゃんが生まれてから日数があまりたっていない場合は翌年にすることも。
★人形や造花を飾り、両家の祖父母や親戚を招いて食事をする。
★祝い方に決まりはないので、各家庭に合ったやり方でお祝いをしましょう♪

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
厳格な決まりや作法などは特にありません。各ご家庭それぞれのやり方で初節句を楽しみましょう。
家族みんなで楽しい時間を過ごせると良いですね♪
 
 
赤ちゃんの初行事のことならマタニティ情報サイトママテラス。初行事の困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。ママライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.