妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

月例別健診

マタニティピラティス

マタニティピラティスで体を内側から健康にしよう!
マタニティピラティス 写真

妊婦の健康や心のリラックス効果が注目され、ここ数年人気が高まっているマタニティピラティス。呼吸法で出産がスムーズになり、不安解消の効果が得られるので、お腹の赤ちゃんにも良い影響があると言われています。アメリカのセレブたちが妊娠中に行ったと話題になり、今や妊婦さんに大人気のエクササイズですね!

分娩時に必要となる“深層筋”を鍛えるマタニティピラティスで、安産力をUPさせましょう。

MEMO

マタニティピラティスの効果
①肋骨間の痛みを和らげることができる
②ストレスが解消されて、リラックス&血液の流れが良くなる
③腰痛や背中の痛みの予防GOOD!!
④安産につながるカラダづくり・産後の回復力が高まる
⑤出産時のパニックを防ぐ
⑥不安の解消により睡眠の改善

マタニティピラティスのQ&A

■開始時期は?
必ずかかりつけのお医者さんに相談しながら始める時期を決めてください。体調にもよりますが、一般的には妊娠16週辺りから行う方が多いです。妊娠初期や安定期に入るまでは注意が必要なので避けた方が無難です。また、ご家族の同意も必要になるので相談してみましょうね。

■いつまでやってOK?
妊娠中のピラティスは、出産直前まで行うことができます。主に身体の中心、’コア’の筋肉を強化することにより、腰痛などの解消に効果的!ぜひ続けてみてください。

■出産後もできるの?
“産後ピラティス”を行っているスタジオはたくさんあります!ぜひご近所でも探してみてください。出産後の膣の緩みや尿漏れのトラブルなど、出産前とかなり変化した身体の悩みを解消してくれます。もちろん赤ちゃんと一緒に行けるスタジオもありますのでオススメです。ぽっこりお腹やO脚の改善にも効果的で、マイナートラブル以外にも、スタイルアップ効果があります。

■準備するものは?
基本的にヨガマットは、貸出があるところがほとんどですのでスタジオに確認してみましょう。また、妊婦が準備すべきものは「母子手帳」「健康保険証」「産科診察券」です。万が一のトラブルで辛い思いをしないように必ず備えておきましょう。もちろん、タオルや動きやすい服装の準備もお忘れなく。身分証明証も持っておくと良いですね。

記事の参考サイト

■studio SURE
■YOGAヴィオラトリコロール
■gooベビー
■一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会

 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
妊娠すれば、今までの体なのに分からないことだらけで戸惑うことも多いでしょう。好きに運動もできないし、好きにごはんも食べれなくなったり…。ちょっとでも気持ちや体を動かせれるエクササイズであるマタニティピラティスはオススメかもしれません。
 
 
マタニティピラティスのことならマタニティ情報サイトママテラス。ピラティスの困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.