妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

体重増加

妊娠中の体重管理

妊娠したら、体重の増加に注意してください。

体重増加のQ&A

なぜ体重増加しすぎるといけないの?

・難産になりやすくなる
脂肪がつきすぎると産道が狭くなることや、赤ちゃんが大きくなりすぎることで難産になることがあります。赤ちゃんは産まれてくるときに産道という道を通って外に出てきますが、太りすぎると、この産道にも脂肪がついて、赤ちゃんはスムーズに下りることが難しくなり、お産が長引いたり、産道の周囲の組織が傷付きやすくなったりします。

ママが太りすぎると、赤ちゃんも大きくなりがちです。4,000g以上の巨大児だと、頭は出たのに、肩が引っかかって出れないということもあります。また、分娩時の微弱陣痛の原因になることがあります。微弱陣痛とは、本来出産に向けて段々強く、間隔も短くなっていくはずの陣痛が、ずっと弱いままで長い間続くような状態のことをいいます。
あまり長時間に渡る陣痛の持続は母体に疲労が溜まり、胎児にも負担がかかってしまいます。

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)や妊娠糖尿病などの合併症を起こしやすくなる

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になると、ママの血圧が高くなり、重症の場合、おなかの赤ちゃんに酸素や栄養がうまく届かなくなったり、ママの腎臓・肝臓にも負担がかかったりと母子ともにリスクが高くなります。
また、妊娠糖尿病になると、血糖値が上昇し、尿路感染症、羊水過多症、巨大児、胎児の突然死にもつながる可能性があります。妊娠をきっかけに、糖尿病になることを妊娠糖尿病といいます。
ただし、妊娠中に食事療法やインスリン療法で血糖値がコントロールできていればトラブルを防ぐことは可能です。産後は正常に戻る人もいますが、糖尿病に移行してしまう人もいるので、なってしまった場合は産後も定期的に検査をしましょう。
関連情報→妊娠中毒症

また、急激な体重増加は妊娠線ができる原因のひとつでもあるので、気をつけましょう。
関連情報→妊娠線

赤ちゃんが3kg前後で産まれてくるのだから、妊婦さんの体重はそれ以上に増えますよね。主な妊娠中の体重増加の約10kgは右のように構成されています。

体重増加の目安とは

どのくらいの体重増加がちょうど良いかは、妊娠前の体格や栄養状態によっても変わってくるので、一律にはいえません。妊娠前の体型により個人差がありますが、体重増加の目安は、妊娠前の体重が標準的な体重の人は7~12kg以内、太めの人は5~6kg以内、やせ気味の人は9~12kg以内といわれています。1ヶ月の体重増加の目安は1~1.5kg程度です。妊娠中期から1週間あたりの体重増は0.3~0.5kgが目安です。

ただし、体重増加がオーバーペースだからといって、やみくもにダイエットするのではなく、バランスの良い食生活と適度な運動を心がけましょう。

厚生労働省から、妊娠前の体格区分別推奨体重増加量が出されているので、ひとつの目安として参考にしてみてください。BMI(肥満度を測る目安)

ちなみに身長160cm、体重50kgならBMI値は19.5になります。この数字は決してダイエットを推奨するものではありません。あくまでも「安産」を目的とした数字です。

体重管理のために

・毎日、体重を測る!体重を測る時間を決めて習慣にしましょう。
毎日決まった時間に体重を測り、体重増加の様子を把握しておきましょう。体重管理で最も大切なことは、現状を知ることです。時間を決めて習慣にすれば、体重の変化に敏感になり、自然と食生活や運動不足を見直すきっかけになります。特に、妊娠後期は赤ちゃんが大きくなるためむくみがちになったり、体重が急激に増えてしまったりすることがあるので、毎日チェックすることがオススメです。

・バランスの良い食事を1日3回しっかり食べましょう。
1食でも抜くと、体がエネルギーを節約しようとして、脂肪をため込むように働いてしまい、かえって脂肪がたまる原因になります。特にカルシウムや鉄分は不足しやすいので、優先して摂りましょう。糖分、脂肪分は体重増加につながるので控えめに。塩分も妊娠高血圧の原因や、主食の食べすぎにつながるので、できるだけ少なめにしましょう。
野菜を多めにして満腹感を得て、タンパク質、鉄分、カルシウムの摂取も心がけましょう。カルシウムの多い食事→牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、ブロッコリー・キャベツ・白菜などの青野菜、小魚など。鉄分の多い食事→レバー、小松菜、ほうれん草、大豆など。
関連情報 →妊婦さんにオススメな食べ物って?

・朝食はたっぷり夕食は軽めにしましょう。
寝るまでにエネルギーが消費されにくい夕食は軽めに摂り、1日の活動エネルギーの基本となる朝食はたっぷり摂りましょう。また、よくかんで時間をかけて食べると血糖値が上がってきて、少量でも脳の満腹中枢が刺激され、満腹感を感じられます。

・間食は控えましょう。
やけ食いや、むちゃ食いなどはせずに、空腹感も感じるような食事のリズムを作りましょう。ダラダラと間食をするのはやめて、おやつもできるだけ低カロリーのものにしましょう。また、テレビや雑誌を見ながら食事をすると、つい食べすぎてしまうので気をつけましょう。

・適度な運動をしましょう。
適度な運動はカロリー消費だけでなく、筋力をつけることで、お産への備えにもなります。家事をしたり、散歩に行くなどして、積極的に体を動かしましょう。歩くことは母体にも胎児にも悪影響がないので、安定期に入ったら毎日1時間程度のお散歩やウォーキングがオススメです。また、医師の指導のもとでマタニティピラティスやマタニティヨガもオススメです。
関連情報 →マタニティピラティス / マタニティヨガ

体重管理のまとめ

体重管理は必要ですが、やせすぎも厳禁です。
もともとやせている人が妊娠中に体重増加できなかった場合、赤ちゃんも体重が増えず、低出生体重(2,500g未満)の未熟児で産まれてくる可能性が高くなります。また、妊娠中のダイエットは、ママに体力がないため分娩時のいきみがうまくできず、出産に時間がかかり、赤ちゃんが危険な状態になる可能性もあります。母乳の出にも影響があるといわれているので、体重管理をしすぎて、必要な栄養まで抑えることのないようにしましょう。

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
体重が減りすぎても増えすぎても良くない妊娠中の体重。
無事に出産するためにも、自分自身のためにも、体重管理はとても大切なことだと思います。(無理なダイエットをする必要はありませんが…)
 
 
妊娠中の体重管理のことならマタニティ情報サイトママテラス。妊娠中の体重管理に関する困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.