妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

体重増加

出産の3つのサイン

出産には3つのサインがあります。それを見逃さないように!

出産は必ずしも予定日通りにはいきませんが、出産前には3つのサインがあります。
その3つのサインは、おしるし・前期破水・陣痛(前駆陣痛)です。サインには、順番やサインの有無など個人差はありますが、出産のときになって慌てないようにしっかりと知っておきましょう。

出産のサインその1 おしるし

ママ イラスト

予定日が近づいてくると、いつもより強めにおなかが張るようになります。
そのときに、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にずれができ、少量の出血が出てくることがあります。そのときの出血をおしるしと言います。

おしるしの量や色には個人差がありますが、子宮頸管から出たおりものと混じって少し粘り気があるのが特徴です。多くのママはトイレに行って気付くようです。

おしるしがあると数日後にお産がはじまると言われていますが、中には1週間時間があいたというママも。おしるしがあってもすぐにお産がはじまるわけではないので産院への連絡は少し様子をみるようにしましょう。

ただし、おしるしの特徴とは異なる大量の出血や強い痛みが伴うときはすぐに産院に連絡してください。

出産のサインその2 前期破水

破水は赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が流れ出るために起こり、通常であれば陣痛がピークになり、子宮口が全開になったときに起こります。その破水に対し、陣痛が始まる前に起こる破水を前期破水と言います。前期破水自体は問題がないものでありますが、細菌感染により卵膜が弱くなっている場合や、多児妊娠や羊水過多などによる子宮内の圧が上昇している可能性もあるので注意が必要になります。

前期破水は自己判断のしにくいものになります。
破水時に音がして気付くママもいれば、水の量が少量であるために本当の破水なのか、尿漏れなのかがわかりにくいママのいるようです。

前期破水は赤ちゃんへの細菌感染も考えられるのですぐに産院に連絡することが必要になります。また、感染を予防するために入浴は絶対にしてはいけません。破水の量が多くて動けないというときには生理用のナプキンを当てるなどの工夫をし、車で産院に向かいましょう。

出産のサインその3 陣痛

赤ちゃんが出てきやすいように子宮が収縮し起こるものを陣痛と言います。前駆陣痛とは、本格的な陣痛の前に不規則におなかが張りを頻繁に感じることです。傷みはそれほど強くなく、感覚もまばらで次第におさまります。

本格的な陣痛は10分間隔で繰り返し起こるようになってからです。この時点で産院に連絡すると良いでしょう。経産婦のママは早めの15分間隔で産院に連絡してください。

こんな症状は注意!

うさぎ ナース

このような場合、赤ちゃんの酸素不足や危険な状態である場合があるのですぐに産院に連絡し、何かあれば先生が処置できるような状態にしておきましょう。

サインから入院まで…

1.産院に連絡する
2.パパや家族に知らせる
3.移動手段の確認
4.入院グッズの確認
5.身だしなみチェック


出血などがあると慌ててしまいますが、落ち着いて自分の状況を把握するようにしましょう。
強い痛みがある場合や不安なことはこの時に伝えておくと産院も対応しやすいですよ。また、前もってお産までの段取りをイメージしておくことも大切です。自分がどのような手段で病院に行くのかをイメージしておき、特に、運転してもらう場合、予定日の近くはお酒は控えるようにお願いすることも必要になります。また、入院する用意も前もって準備するようにしましょう。

出産のサインまとめ

いつサインが来るかわからないためになるべく早めに準備をして慌てずに産院に連絡できるようにすることをオススメします! ここまで来ると赤ちゃんに会えるまでもうすぐですね。プレママの時期を存分に楽しみつつ準備をしてくださいね!

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
だいたいの予定日はわかっても実際いつくるのかはわからない出産ですが、だからこそあらかじめの準備が大切ですね。
ママだけでなくパパも心づもりをしておきたいところです。
 
 
出産の3つのサインのことならマタニティ情報サイトママテラス。出産の困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.