妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

妊婦とむくみ

妊娠とむくみ

妊娠すると、むくみやすくなります。
掲載日:2014.12.21

妊娠すると、体に様々な変化が起こります。むくみやすくなるのもその変化の一つ。
脚がパンパンになり、普段よりも脚が太く見えるのはあまり気持ちの良いものではないですよね。妊婦さんはむくみがちとは言われますが、むくみを少しでも和らげるにはどのような方法があるのでしょうか。
また、妊娠高血圧症候群についても気になるところです。
今回は、そんな妊娠とむくみについてご紹介いたします。

ボディケアする女性

[参考]ボディケアする女性

どんな状態になる?

一般的なむくみとかわりません。靴がいつもよりきつくなったり、問題なく指にはめていた指輪が外しにくくなったり…ひどくなると足が痛いくらいパンパンになる・靴のサイズが変わったという方も。

なぜ妊娠するとむくみやすいの?

妊娠すると、おなかの赤ちゃんに栄養を運ぶために血液が増加します。これは、血液自体が増えるのではなく血液の中の水分が増加するのです。この増えた血中の余分な水分が溜まり、むくみとなります。

対処法

食事を見直す
塩分を控える
妊婦さんに限らずむくみの原因として挙げられるのが塩分を摂取しすぎること。
特に妊婦さんにとって塩分の摂りすぎはよくありません。塩分は意識せずとも摂取しているものなので、気を付けましょう。
外食を控えることはもちろん、料理を作る時も醤油を控えめにするなど、普段から減塩の工夫をしてみましょう♪
カリウムを摂取する
バナナや納豆、切り干し大根などに含まれるカリウムは、むくみの原因となる塩分(ナトリウム)の排泄を促す働きがあります。
むくみにお悩みの方はナトリウムを意識的に摂取することをオススメします。
軽い運動

つわりであまり動けなかったり、おなかが大きくなって体を動かす機会が減るなど、運動不足の状態になるとむくみやすくなります。
調子が悪い時は安静にするのがベストですが、動ける時は軽い運動(ウォーキングやマタニティヨガなど)をするとむくみが取れて安産にも繋がるのでオススメです!

足を温める

冷えはむくみの原因でもあります。
容器にお湯を張るだけの即席の足湯でも、十分脚を温めることができます。リラックス効果もあるので是非試してみて下さい。

むくみ用ソックス

寝る時などはむくみを解消するソックスがとても効果的です。下半身を冷やさない効果もあったりと、手軽にできて冷え対策にもなる優れものですよ♪

あまりにひどい場合は病院へ

「むくみ」は、かつて「妊娠高血圧症候群(以前は「妊娠中毒症」いう名称)」の定義項目の一つとされていました。多くの妊婦さんがむくみを経験することから現在は項目から外されてはいますが、妊娠高血圧症候群の症状として「むくみ」は変わらずあります。
一時的なむくみは問題ない場合が多いのですが、慢性的・あまりに酷いと感じた場合は病院で相談してみましょう。

MEMO妊娠高血圧症候群

妊娠中期から後期にかけて起こる病気で、「妊娠20週以降から出産後12週まで高血圧、または高血圧にタンパク尿をともなう場合」と定義づけられています。
詳しく見る

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
妊娠による体の変化は様々あります。たかが「むくみ」ですが、悩まされる妊婦さんは多いです。
あまりにも酷い場合は病院で相談してみてくださいね。
 
 
妊娠とむくみのことならマタニティ情報サイトママテラス。妊娠中のむくみの疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.