妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

体の変化

おしるし

おしるしの色と量

おしるしは、子宮が出産の最終段階にはいったということです。 掲載日:2015.03.06
臨月

[参考]臨月、新生児の手

出産予定日が近づいてくると、いよいよ赤ちゃんに会える喜びとともに、出産に対す不安が大きくなってきます。
分娩の一連の流れをイメージしておくと、次はどのようになるのか予測ができるようになります。
もっとも大切なのは心のゆとりです。。

出産のサイン『おしるしって?』

『おしるしって、オリモノに血が混ざる程度じゃないの?』
『おしるしってこんなにたくさん出るの?』
『この出血は子宮の異常?』
おしるしは血が混ざっている粘液です。色や量は個人差があってさまざま。
おしるしのない妊婦さんもいらっしゃいます。。

おしるしの色について

おしるしは、子宮が出産の最終段階にはいったということです。
まず、おしるしの色は茶色~赤色(鮮血)といわれていますが、その色は千差万別。 ママの体調や子宮の状態によってかわるということを覚えておきましょう。
自分のおしるしと周囲の人のおしるしを比べて一喜一憂しないようにしてください。
これがのおしるしの正解といえる色は、残念ながら特定はできません。

《おしるしの色の一例》
 1. おりものに、赤茶の血液が混ざっている
 2. おりものは、薄いピンク色
 3. おりものの中に少し赤い血がある
 4. 生理のときの鮮血
 5. 生理の終わりかけの茶色の血
 6. トイレットペーパーに薄茶色の色がついた
 7. おりものが薄赤から薄茶色で粘りがあった
 8. 生理のすくない時のような薄ピンク色がトイレットペーパーについた

おしるしの量について

一般的には、赤やピンク色でトイレットペーパーにつく程度といわれていますが、量には個人差があります。また、気づかない人もいるようです。

《おしるしの量の一例》
 1. 生理の1日目(昼用のナプキンでちょうどいい)くらいの鮮血
 2. 生理中でももっとも量が多いときのような出血
 3. 下着に少しつくくらいのもの

おしるしではない、臨月の出血

臨月(妊娠36週目から)になるといつ陣痛が来てもおかしくない時期になります。
妊婦健診も週に1回受けることになります。内診では、子宮口の状態を確認したり内診による刺激も増えてきます。
そのため、血液や血液の混じったおしるしに似た分泌物が排出されることがあります。内診が原因の可能性があるので、内診のあと、このようなことがあった場合は、慎重に経過を見る必要があります。

気をつけることは、おしるしの色よりも,量が多かったり、生理のときのようにいつまでも止まらない状態があれば要注意です。
どこから出血しているのか自分ではなかなかわからないものです。また、おしるしでない場合は傷口からの感染症の心配があるので、夜間であっても産科に連絡して相談しましょう。そのときは色も報告できるようにしておいてください。

おしるしとおりもの・破水との相違点

・おりものとの違い
臨月のおりものは、卵白のような透明・黄色みを帯びたおりもの・粘りけがある・反対に水っぽいおりもの・塊のようなもの等のおりものがある場合はおしるしが近づいているサインです。

・破水との違い
卵膜が破れて、羊水が子宮の外に流れ出るのが破水です。うっすらピンク色にみえることもありますが、透明で温かい羊水が流れ出てきます。
ふつう、破水は陣痛がピークになるころで起こることが多いのですが、陣痛前にあるのを『前期破水』といいます。
下着がびちゃびちゃになるほどの量の人もいれば、高位破水といって、卵膜がほんの少し破れてチョロチョロと漏れる破水もあります。
赤ちゃんに細菌感染の危険があるので入浴はひかえましょう。

参照:『eにんしん』

注意 頭
そろそろ始まった。

出産にいたる経過はいろいろなケースがあり、陣痛から出産までの時間も個人差があります。
おしるしがきても焦ることなく、『そろそろ始まった』という気持ちで入院の準備をしましょう。
また、出産前はゆっくり睡眠をとり、体力をつけておきましょう。
もうすぐ、待ちに待った赤ちゃんに会えますよ!

注意 おしり
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター ナホ
予定日に生まれる赤ちゃんは、20人に1人といわれています。
だから、予定日が過ぎても、おなかの赤ちゃんが元気ならママはあせらないで待ちましょう。
スタッフナホの赤ちゃんは2週間も前に出てきました。病院でも家でも準備に大慌てしましたよ。
 
 
おしるしの色と量のことならマタニティ情報サイトママテラス。妊娠中のおしるしの疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.