妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 妊娠前/マタニティの豆知識 > 合併症妊娠~心臓病の場合~

美容と健康

合併症

合併症妊娠~心臓病の場合~

病気をもつ人の妊娠を、合併症妊娠(がっぺいしょうにんしん)といいます。

合併妊娠症とは?

病気をもつ人の妊娠を、合併症妊娠(がっぺいしょうにんしん)といいます。

以前は、重い病気をもった人が出産することはハイリスクでありそれほど多くはありませんでしたが、現在では医学の進歩により、先天性心疾患や腎臓病(じんぞうびょう)などの重い病気がある人でも、元気な赤ちゃんを出産することが可能になっています。

心疾患の場合の管理方法

・生活活動の制限
・労働は最小限にする
・十分な睡眠と食事管理


食事は心負荷の軽減のため、摂取カロリーに気をつけます。また、塩分制限を行い、貧血予防のために鉄分を意識して摂取するように、お医者さんから指導をうけるでしょう。ビタミンの摂取にも注意し規則正しい食生活を心がける必要があります。。

影響のない検査

・心臓超音波(エコー)検査
・安静時心電図検査・24時間(ホルター)心電図検査
・胸部レントゲン※胎児に影響が出るほどの放射線量ではありません。
・血液検査
・MRI検査


出典:循環器病情報サービス

母体や赤ちゃんの状態によっては、早産時期でも、人工的に陣痛を誘発し、赤ちゃんを産ませることがあります。また、塩分を制限し、体重が増えすぎないようにすることも大切です。

分娩について

母体の心機能が悪化する場合は、児の成熟や分娩の進行にかかわらず、帝王切開を選択することがあります。しかし、開腹手術やそれに伴う麻酔手技は母体循環に負担となり、切迫した症状がなければ経腟分娩が選択されます。

出典:「Dear Mom」

記事の参考サイト

■国立循環器センター「循環器病情報サービス
■コトバンク
■メディカルiタウン 心臓病患者の妊娠 病気辞典
■Dear Mom

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
心臓病や肝臓病などの持病がある場合は病院の先生にちゃんと伝えましょう!
よく相談して、自分にとって一番最適な出産の仕方を考えていきましょうね。
 
 
合併症妊娠のことならマタニティ情報サイトママテラス。合併症妊娠の困った疑問や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.