妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

妊娠のための体づくり

妊娠のための体づくり

妊娠のための体作りについてご紹介いたします。
掲載日:2014.12.14

妊娠を望む方にとっては、妊娠をするためにも、またその後妊娠をしてからも「体づくり」が大切になってきます。
今回は、妊娠するための体作りについてご紹介していきたいと思います。

笑顔の女性

[参考]笑顔の女性

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れていると、妊娠しにくくなります。逆に言えば、ホルモンバランスを整えることで、妊娠しやすいからだになるとも言えますよね。
では、ホルモンバランスを整えるにはどうすれば良いのでしょうか。

規則正しい生活

十分な睡眠をとること、バランスの良い食事をすることは、ホルモンバランスを整えるための基本となります。

体重管理

痩せすぎや太りすぎはホルモンバランスに影響を与える場合があります。
肥満度を調べる数値である「BMI」を計算して、ご自身の肥満度を計算してみましょう。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

  • 18.5未満…低体重(やせ)
  • 18.5以上25未満…普通体重
  • 25以上30未満…肥満(1度)
  • 30以上35未満…肥満(2度)
  • 35以上40未満…肥満(3度)
  • 40以上…肥満(4度)

[参照]厚生労働省HP『肥満って、どんな状態?』

BMIの数値が極端に低かったり高かったりする場合、月経や排卵などに影響を及ぼす可能性があります。
痩せすぎの方は栄養をしっかりと摂取して、なるべく普通体重に近づけるようにしましょう。
太りすぎの方は、バランスの取れた食事をし、適切な運動を行うなど、過激なダイエットではなく健康的に減量をしましょう。

ストレス対策

強いストレスはホルモンのバランスを崩します。
普段生活をするにあたって、ストレスをなくすことは非常に難しいですよね。ストレスは溜めこまずに解消していくことが大切です。
体やメンタル面が疲れていると感じたら、好きなことに時間を使ったり、ゆっくり湯船に浸かるなど、「ホっ」とできる時間を作りましょう。

冷え対策

体が冷えて血行が悪くなると卵巣の働きを悪くしてしまいます。
妊娠を望む方は是非とも体が冷えないように気を付けましょう。

タバコ・飲酒

タバコやお酒が直接不妊の原因になるというわけではありませんが、妊娠には健康なからだであることが大切なので、妊娠を望むならばやはり控えることをオススメします。
また、今後妊娠出産をすることを考えると控えておきたいですね。妊娠中はどちらも禁止です。

妊娠前に健診を受ける

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚後早めに妊娠を望む方や近いうちに結婚する予定がある方が受ける健康診断のことで、妊娠や出産に関する検査を受けることができます。
内容は、

  • ・問診
  • ・内診
  • ・血液検査
  • ・尿検査
  • ・超音波検査

など
自分の体の状態を知っておくことは大切ですよね。
もし何か問題が見つかったとしても、早期の対策・対応ができるのでオススメです。
健診内容は病院によって違いがあるので、気になる方は婦人科に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
心身共に健康であることは妊娠するためにも大切なこと。
普段からちょっとずつ心がけて赤ちゃんを迎えるための準備をしていきたいですね。
 
 
an class="h_txt"> 
妊娠のための体づくりのことならマタニティ情報サイトママテラス。妊娠中の困った体力問題や、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.