妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

美容と健康

妊娠中の“冷え”に要注意!

妊娠中の“冷え”に要注意!
冷えが与える影響

冷えが起こると体内の血流や血液の循環が悪くなります。
掲載日:2015/06/16
女性 健康

[参考]女性 健康

“冷え”が与える影響

冷えが起こると体内の血流や血液の循環が悪くなります。血流の悪さは体に様々な影響を与えてしまいます。

つわりがひどくなる
つわりと冷えの因果関係ははっきりとはしていないものの、自律神経の乱れから、冷えとつわりがひどくなる場合があると言われています。
むくみやすくなる
体が冷えると血液の循環が低下し、むくみやすくなります。
赤ちゃんに栄養が届きにくくなる
おなかの赤ちゃんに栄養を届けるのはママの血液です。冷えで血液の流れが悪くなると、赤ちゃんへ栄養を届けにくくなってしまいます。
便秘
冷えによって血流が悪くなると胃腸の働きにも影響が及びます。胃腸の働きが低下し、便秘がちになります。
おなかが張りやすくなる
冷えてしまうと子宮の筋肉が収縮しやすくなり、「おなかが張る」状態になります。
腰痛や肩こりを引き起こす
冷えによって血液の循環が悪くなると、筋肉に十分な栄養素が届かなくなってしまいます。
そのため、冷えは肩こりや腰痛を引き起こす原因となります。

などなど!

参考サイト

『All About:妊娠中の冷えケア』
『第一三共ヘルスケア:手足の冷え(冷え症)の原因』

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
冬の冷えはもちろん、夏も冷えに注意が必要です。冷えはママ自身もおなかの赤ちゃんにも影響が出てしまうので、気を付けたいですね。
 
 
冷えが与える影響のことならマタニティ情報サイトママテラス。妊娠中の困った冷えや、不安やお悩みはママのマナビこと、ママナビで一気に解決!ママの口コミ情報から本当に知りたい、気になる悩みの解決法を掲載。マタニティライフに役立つ情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.