妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 妊娠週数アドバイス一覧 > 妊娠4ヶ月 妊娠12週~15週(妊娠中期)

妊娠4ヶ月 妊娠12週~15週(妊娠中期)

妊娠週数別

妊娠4ヶ月(妊娠12周期~15周期)

妊娠週数4ヶ月目からは下腹部が少しふっくらし、つわりも楽になるママも!

妊娠4ヶ月 ママはつわりが少しずつ楽になる時期

妊娠4ヶ月 イラスト 外から見ても「妊婦さんかな?」とわかるくらいに少しおなかがふっくらしてきます。また、妊娠14週あたりから、胎盤が完成してくるので、流産の心配は少なくなります。

胎盤と赤ちゃんはへその緒でしっかりつながっており、栄養や酸素を赤ちゃんに届ける働き、不必要なものを排出する働き、また有害な物質が入らないように防ぐ働きをしているのです。ママと赤ちゃんの命綱といえるものですね。この時期には、体内のホルモンの状態も安定してくるので基礎体温が下がり、微熱やだるさも軽減します。

そして、つらかったつわりから解放され、食欲が出てきます。しかし、外食や甘いものの食べすぎには注意しましょうね。急激な体重増加は、難産の原因になったり、高血圧などのマイナートラブルのもとになります。
産後の母乳準備のために、鉄分・カルシウム・ビタミンB・Cを積極的に摂ると良いですよ。引き続き葉酸も大切な栄養素です。

妊娠4ヶ月 赤ちゃんは胎盤が完成しどんどん体が大きくなる時期

妊娠4ヶ月 イラスト この1ヶ月間で、身長は約2倍、体重は約5~6倍に成長します。
ママの胎盤が完成したため、しっかりと栄養が送られてくるからです。羊水の量も急速に増えて、広くなったおなかの中で赤ちゃんはとても活発に動いています。手足の曲げ伸ばしやキックをして遊んだり、たまにへその緒を触ったりもします。指をしゃぶったり腕を吸ったりするしぐさもしますが、これは産まれてからママのおっぱいを上手に飲むための練習だと言われています。

また、脳の本能的な感情をコントロールする部分もこのころから発達してくるため、 ママに強いストレスなどがあると赤ちゃんにも伝わってしまいます。 だから、焦ることなくいつも優しい気持ちでゆっくりと過ごしてくださいね。
また、妊娠4ヶ月になると、赤ちゃんの大きさに個人差が出てきますが、標準値にはかなり幅があるため、赤ちゃんが大きい・小さい、というのはあまり気にしなくても大丈夫ですよ。

妊娠4ヶ月 体重管理を意識し、太り過ぎない・痩せすぎない!

つらかったつわりもやっと治まり、食欲が戻ってきて憂鬱な気分から解放される妊娠4ヶ月。食べ過ぎによる急激な体重増加は、妊娠糖尿病を発症しやすくなる、産後の出血が多くなる、難産を引き起こす、妊娠線ができやすくなる、など、いろんな問題につながる原因になります!

ゆっくりと噛んで満腹感を得たり、適度に体を動かしたりと、体重増加を心がけましょう。週に1回の体重チェックを習慣 づけるのも良いですね。しかし、あまりに食事を抑えすぎておなかの赤ちゃんが育たず、500g未満の赤ちゃんが産まれるということもありますので「低カロリー・高タンパク」の食事を心がけることが大切です。

 
 
 
妊娠周期4ヶ月で気になる妊娠12周期~15周期のお悩みは解決出来ましたか?妊娠時期や症状等に合わせた記事も多く掲載しております。妊娠週数4ヶ月目が気になる方はママテラスへ!マタニティライフに合わせた妊娠周期別の情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.