妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 妊娠週数アドバイス一覧 > 妊娠6ヶ月 妊娠20週~23週(妊娠中期)

妊娠6ヶ月 妊娠20週~23週(妊娠中期)

月例別健診

妊娠6ヶ月(妊娠20周期~23周期)

妊娠週数6ヶ月目から足がつったり、腰痛になったり!虫歯の治療ならしておこう。

妊娠6ヶ月 ママは体にトラブルがおおくおきる時期

妊娠6ヶ月 イラスト 妊娠6ヶ月、ママの体にはいろんなマイナートラブルが起こってきます。
特に起こりやすくなるのは「腰痛」です。おなかが少しずつせり出してくるため、重心が変化し姿勢が悪くなったり、関節への負荷も強まってきます。

また、背中の筋肉が回復しにくくもなります。その他にも「かゆい」「シミが増える」という肌トラブルや、「髪の毛が抜ける」「毛が濃くなる」という変化が起きたりします。

これらの症状は産後の体づくりのためのさまざまなホルモンの影響によって引き起こされるもので、産後にはちゃんと改善されるので心配しなくても大丈夫ですよ。

そしてもうひとつ、妊娠6ヶ月に気になるのが妊娠線です。予防するためには急激な体重増加を避けることが大切です。また、肌が乾燥すると皮膚の伸びが悪くなり、妊娠線ができやすくなるので保湿をしてケアすることで予防しましょう。

妊娠6ヶ月 赤ちゃんは動きが活発になり始める時期

妊娠6ヶ月 イラスト 23週末になると身長は約30cmになり、体重は約700~800g。
超音波診断でも赤ちゃんの全体像が映らなくなります。そして今後、赤ちゃんの成長速度はもっと加速していきます。また、消化器・泌尿器などの各器官がより発達してきます。骨もしっかりし始めて、体の末端まで筋肉がついてきます。その他にも、皮膚の神経組織が完成に近づき、触覚が鋭敏になったり聴覚もますます発達します。乳歯も形作られてきます。

また妊娠6ヶ月から、ママの羊水の量はピークになり、広いおなかの中で赤ちゃんはくるくると体を回転させながら動くため、ママは胎動を強く感じることができるでしょう。性別判断もほぼ正確にできるようになり、男の子は精巣、女の子は卵巣ができてホルモン分泌も始まります。

妊娠6ヶ月 こむらがえりを知ろう!

こむらがえりとは、ふくらはぎ(こむら)の筋肉がつることです。妊娠中期(妊娠5~7ヶ月)にかけて悩まされるママが多いでしょう。原因としては、おなかが大きくなることで姿勢が変わり、足の筋肉の使い方が変化したことや、体重増加による足への負担があげられます。

また、足への血管が圧迫され、血流が減少したことも原因となります。

こむらがえりの予防法は、まず水分をよくとることと、カルシウムやマグネシウムの摂取です。栄養が偏らない食事も心がけましょう。またお風呂に入ったときや、蒸しタオルで足を温めた後などに、よくマッサージしてください。

 
 
 
妊娠周期6ヶ月で気になる妊娠20周期~23周期のお悩みは解決出来ましたか?妊娠時期や症状等に合わせた記事も多く掲載しております。妊娠週数6ヶ月目が気になる方はママテラスへ!マタニティライフに合わせた妊娠周期別の情報がきっと見つかります。
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.