妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > ファッションの豆知識 > マタニティファッション

ファッション

マタニティファッション

マタニティファッション

マタニティファッションは大きくなるおなかの負担やストレスを緩和してくれるのでお勧めです。
 
妊娠すると次第におなかが大きくなってきます。それにともない普段着ていた服などが窮屈になってきてしまいます。マタニティウェアは一時期しか着ないで、もったいないと思ってしまう方も多いと思います。しかし、マタニティウェアは変化していく体に対応できるようにさまざまな工夫がされています。大きくなるおなかでもラクに着ることができ、体の負担が少ないように配慮されています。
たくさん買う必要はありませんが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。最近ではデザインも流行を取り入れ、おしゃれなマタニティウェアもたくさんあります。丸いおなかをファッションの一部として楽しんでみてはいかがでしょうか?

マタニティファッション とは マタニティファッション とは  マタニティファッション とは マタニティファッション とは

トップス・ワンピースの選び方

・普段の服とのちがい
チュニックやワンピースなど妊婦さんが着れそうな服はたくさんあります。それらの服なら妊娠中でも大丈夫だと思っていませんか?ゆったりとしている服だからといっても、普段の体型と妊娠中の体型はちがいます。
妊娠中はおなかが大きくなるだけではなく、母乳をあげる準備でバストも大きくなり、位置も変化します。今までと同じサイズだとおなかが目立ったり、大きめのサイズにするとおなか以外がゆったりしすぎてしまうなど、単に太って見えてしまう可能性もあります。しっかりと自分に合った服を選ぶことが大切です。

・着心地の良いものを選びましょう
妊娠中は着心地の良いアイテムを選ぶようにしましょう。着心地の良さは、肌への刺激や、締めつけ感、不快感がないことです。妊娠するとホルモンの影響で肌がデリケートになってしまいます。そのため、マタニティウェアを選ぶときは素材や繊維をしっかり見ましょう。

・着回しをしましょう
妊娠期間中は限られた時期です。マタニティウェアをたくさん購入してしまうと、無駄になってしまう可能性があります。しっかりと流行を押さえながら、着回しが効くアイテムを購入しましょう。季節が変わっても組み合わせでいろいろなスタイルを楽しみましょう。

ボトムスの選び方

・体型に合わせられるものを選びましょう
妊娠中期になると日に日に体の変化が見られます。その中でもおなかが特に大きくなってきます。そのため、マタニティ用のパンツやスカートなどのボトムスはおなかの変化によって合わせられるように調整できる機能を持っています。ウエスト周りの変化だけでなく、おなか全体の変化にも対応できるようになっているので、安心して着ることができます。

・おなかがきつくなるのは避けましょう
妊娠中のおなかは下腹部だけでなく、おへそを中心に丸く大きくなっていきます。おなかが小さいうちは気にならなくても、だんだん大きくなってくるとパンツやスカートのウエストラインがおなかを締めつけるように感じてきます。おなかをすっぽりと覆うようなアイテムであれば快適な着心地でフィット感もあり、動きやすく、安心です。妊娠中のおなかをいたわることはおなかの赤ちゃんを守ることでもあります。きつめのものは血行不良になり、赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあるので、気をつけましょう。

靴の選び方

・フラットな靴を履きましょう
妊娠前まではヒールの高い靴を履いていた方も多いと思います。しかし、妊娠すると高いヒールを履いていて転んでしまっては大変です。おなかの赤ちゃんのことを思って、必ずフラットな靴を履くようにしましょう。

・紐を結ばなくて良いものを選びましょう
妊娠しておなかが大きくなってくるとおなかで足が見えにくくなってしまいます。紐が外れていて転んでしまう可能性もあります。また、履いたり脱いだりするときなど、一人でできなくなってしまうこともあります。

マタニティインナーの選び方

変化しやすい妊娠期のママの体。時期に応じて正しいマタニティインナーを用意しましょう。事前に揃えておくと安心です。

●妊娠初期(2ヶ月~4ヶ月)
マタニティブラジャー(妊娠してから産後の授乳時期まで使えます。)
~どうして必要なの?~

・乳腺を圧迫しないため
・乳頭の保護
・大きくなるバストを支えて下垂を防ぐ
 
マタニティショーツ(大きくなるおなかをしっかり包んで臨月まで使えます。)
出典:「ANGELIEBE 妊娠期別 マタニティインナーカレンダー」
~どうして必要なの?~

・おなかを包み、冷えから守る
・分泌物が増えるため
出典:「ANGELIEBE 妊娠期別 マタニティインナーカレンダー」
 
妊娠したら早めに用意しましょう。妊娠中は分泌物が増えるので、いつも清潔に保つためにショーツは多めに用意しておきましょう。マタニティショーツは普通のショーツと違い、おしりと大きなおなかをすっぽり包み込むようになっています。また、おなかだけでなく、足ぐりも子宮を圧迫しないで安心して着ることができます。

●妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)

腹帯・マタニティサポート
~どうして必要なの?~

・腰にかかる負担を和らげる
・冷えから守る
・赤ちゃんを正しい位置に安定させる
出典:「ANGELIEBE 妊娠期別 マタニティインナーカレンダー」
 
腹帯
腹帯にはショーツの下にもつけることができるママベルトや、腹巻タイプの妊娠帯があります。ママベルトにはベルトがついているので、おなかを支える力がしっかりしています。腹巻タイプの妊娠帯は伸縮性が良く、着脱がラクです。

マタニティサポート
動きやすく外出などにオススメなのがマタニティサポートです。パンツのように簡単にはけ、しっかりしたはきこみで、ヒップラインが気になりにくくなっています。

●妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)

産褥ショーツ
~どうして必要なの?~

・悪露の手当てが簡単
出典:「ANGELIEBE 妊娠期別 マタニティインナーカレンダー」
 
出産直後は看護師さんに悪露(出産後しばらく続く出血やおりもの)の手当てをしてもらいます。クロッチ部分がスムーズに開閉する産褥ショーツは必需品です。万が一、悪露が漏れてしまっても防水布を使用しているので安心です。

記事の参考

■ANGELIEBE 妊娠期別 マタニティインナーカレンダー
 
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
マタニティファッションは、妊婦ママにストレスや負担を軽減させる目的で作られています。靴や服、インナーなどたくさんありますので、場合によっては活用してもいいかもしれません。また、産後も赤ちゃんにおっぱいをあげたりありますので、長く使えるものを今のうちに買っておくのも手です。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.