妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

ファッション

授乳

授乳服を選ぼう!

家にいたら簡単にできる授乳も、外で授乳させるとなると…授乳服がお勧めです。
赤ちゃんが産まれると、家にいようと外出していようと、行わないといけないのが授乳です。家にいるときは気軽に行える授乳ですが、外出している時に赤ちゃんがおっぱいを欲しがったらさぁ大変です!!でも、そんなときに重宝するのが、『授乳服』です。

授乳服の基礎知識

授乳服 選び方

授乳服とは、"母乳を授けるための服"です。おっぱいを赤ちゃんに飲ませるには、当たり前ですが、胸を出さなくてはなりません。でも、今私たちが着ている服の多くは、胸を簡単に出せるようにはできていませんよね。そこで、授乳服が活躍するのです!

産まれたての赤ちゃんは、すぐどんどん成長していきます。ぜひ赤ちゃんといろんなところに行って思い出をつくってあげてください。でも、もしそのとき赤ちゃんが泣きだしたら…都合よく赤ちゃんがお腹をすかせてくれる訳ありません。授乳室が近くにあればいいですけど…

そんなときに授乳服があれば、いつでもどこでも母乳をあげれます。可愛いベビー服を着せてデジカメを持っていっぱい写真をとってあげてくださいね。

授乳服は必要なの?

授乳服 選び方

授乳服は、必ずしも必要なものではありません。たしかに授乳服は、この期間にしか使わない期間限定の服なので、「もったいない」と思って買わないママもいると思います。でも、赤ちゃんには母乳で育ててあげてほしいです。産まれたての赤ちゃんの胃にやさしく、アレルギーになりにくくなったり、脳やあごの発達にもつながります。胸が見えるのを恐れて授乳をがまんをしてしまっては、赤ちゃんのストレスになるだけでなく、おっぱいのトラブルの原因にもなります。

だからこそ授乳服をおすすめします♪

ママテラスおすすめの授乳服?

授乳服 選び方

授乳服 選び方
●レイヤータイプ

前身頃を2枚重ね合わせた、ゆったりとしたデザインのナーシングウェア。2枚の重なりを少しあけるだけでOK。胸が見えないように、そして赤ちゃんの顔に布がかぶさることもなく、快適に授乳できます。マタニティ期間でも授乳が終わってからでも着られるデザイン。


●カシュクールタイプ
授乳服 選び方

左右の襟を着物のように重ね合わせた「カシュクール」は、引き下ろすだけで授乳ができる優れもの。クロワッサン、スノークロワッサンは、左右の襟を着物のように重ね合わせ、さらに中にサイドスリットタイプのインを組み合わせています。授乳期以外の方にも好評です。マタニティの方にもオススメ。


●授乳ケープ
授乳服 選び方

ワイヤーなしとワイヤー入りタイプがあります。ワイヤー入りタイプは、中を覗き込みやすく、どこでも簡単に授乳をすることができるので、お出かけの多いママにオススメ。今では、多くのブランドが生地のセンスを競いあっているので、お気に入りをひとつ、見つけてみてはいかがでしょう。
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
授乳服は必ず必要というものではありません。ですので、授乳で絶対育てたい!でも外で飲ませるのは恥ずかしいというママにはお勧めです。授乳服はそれを解決してくれる服ですので、外でもあげることができます。参考にしてください。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.