妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

食とレシピ 5ヶ月~6ヶ月:ゴックン期

icon

トロトロフィッシュ

食とレシピ5ヶ月~6ヶ月:ゴックン期   >  なほちゃん ママさん★NEW★

トロトロフィッシュ
 
材料
1人前100円未満
真鯛の刺身の切り身 適量
和風だし(昆布とかつお節)50cc程度
水溶き片栗粉 少々

離乳食の作り方
調理時間約10分未満
《和風だしの作り方》
1. 布巾を固くしぼり昆布の表面を拭く、キッチンバサミで切り込み を入れて、鍋に水を入れ30分程つけておく
2. 1を火にかけて、沸騰直前に昆布を引き上げる
3. 沸騰させて、かつお節を入れて再沸騰したら火を止めて、こせば 和風だしのできあがりです

《すり身の作り方》
1. お魚の切り身を沸騰したお湯に入れて、しっかりゆでる
2. ゆでた魚をすりつぶし、和風だしを加え、食べやすいようにの ばして、さらに、電子レンジで30秒位加熱する
4.②に水溶き片栗粉を加えて手早く混ぜてとろみをつけて出来上がり
おいしくなるコツ
Point.お刺身の切り身をつかうので骨がなくて安心です。
はじめてのお魚は白身魚で。
魚離乳食のスタートには、真鯛などのアレルギーの危険性の少ない魚を使用しましょう。
お刺身は生食できるものなので安心です。使いたい量の加減もしやすく、骨などの心配もないので便利です。
白身魚のポイント
初めての『魚』は、アレルギーの危険の少ない真鯛がおススメです。
白身魚はゴックン期から食べることができ、栄養素はタンパク質やビタミン類が豊富。脂肪が少なく消化吸収がいいので離乳食にぴったりです。
白身魚には鯛の他に、ひらめ、すずき、カレイ、鱈(離乳食後期からにする)があります。魚には安全面から、骨のない鮮度のよい刺身の切り身を使用すると便利で安心です。
食べはじめは少量から、だんだん増やしていきましょう。

《白身魚の冷凍保存》
・下ごしらえ
沸騰したお湯で中までしっかり火を通して、すりつぶします。すりつぶしたすり身はお湯でのばします。
電子レンジで火を通す場合は、耐熱容器に白身魚と大さじ1くらいの水をいれて30秒ほど過熱します。
すり身にするのは、すり鉢でするか、少量だけのときはフォークの背でほぐす、ラップにつつんで指でつぶすことができます。
・冷凍方法
①製氷皿にいれて冷凍するとキューブ状にすることが出来ます。
②冷凍保存袋に板チョコ状にのばして、折り目を付けておく
③離乳食の時期によっては、ほぐした状態のものや刻んだものを冷凍保存袋に入れて保存する。
離乳食
にんじんは柔らかくなるまでチンしてください。
材料:バナナ、にんじん、ミルク...
りんごのやさしい甘みで赤ちゃんも大喜び!
材料:キャベツの葉、りんご...
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.