妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

食とレシピ 9ヶ月~11ヶ月:カミカミ期

icon

ベビーサラダ♪

9ヶ月~11ヶ月:カミカミ期   >  なほちゃん ママさん★NEW★

 
材料
1人前100円未満
じゃがいも………………2cm
きゅうり…………………2cm
トマト……………………1/8
プレーンヨーグルト……大1程度


離乳食の作り方
調理時間約5分未満
1. 1. じゃがいもは5mm角程度に切り鍋でやわらかくゆでる(レンジ加熱もOK)
2. きゅうりも3mm角にし、ゆでるかレンジで柔らかくする
3. トマトは湯むきして、皮と種をとり除き5mm角にする
4. 野菜をさまし、プレーンヨーグルトをからめると出来上がり

はじめての食材は、
Point.
野菜は、赤ちゃんの成長に合わせて食べやすいものでアレンジしてね。

離乳食初期から完成期までの流れ
赤ちゃんによって、離乳食を始める時期に個人差があります。
そして、国によっても多少の違いがあるようです。
●早すぎると……
アメリカでは2~3ヶ月から始めることもありますが、これはミルクに離乳食をあたえることになり、エネルギー過多の傾向になります。さらに、胃腸が未熟で、消化できない場合があり、アレルギーが起こりやすくなります。

●遅すぎると……
口に食べ物を入れて、咀嚼して飲み込むという口の動きの発達が遅れることがあります。顎の発達が遅れうまくか噛めなくなったり、ものを丸飲みしてしまうことも。

【離乳食初期から完成期までの流れ】
ミルクとの割合はどのような割合ですすんでいくのでしょうか。
ただし、赤ちゃんのペースはそれぞれ。個人差があるのであくまでご参考にしてくださいね。

ホットミルク
夏野菜で暑さを乗り切ろう!
旬の野菜を赤ちゃんに食べさせてあげましょう。
栄養豊富で味も満点、はじめての夏野菜におススメの食材をご紹介します。

◎トマト
トマトは、酸っぱさと甘さがあり、火をとおしても生食もOK。
赤ちゃんも大好き、お料理をするママもうれしいトマト。ビタミンCが豊富です。


◎きゅうり
栄養はあまりありませんが、さわやかさで食欲がアップします。
初期の赤ちゃんには皮をむきましょう。すりおろして、ゆでて、離乳食後期には薄切りを塩でもみ、ご飯に混ぜたり、みじん切りにしてトっピンクに使うこともできます。


◎かぼちゃ
ほんのりやさしい甘さのかぼちゃは、ビタミンAやC、Bも含まれています。離乳食初期から食べることができ、アレンジもしやすいのでどんどん使ってくださいね。

◎なすび
なすびは煮るとすぐにやわらかくなります。味・香りもあまり癖がないので、他の食材と合わせるといいでしょう。

◎ピーマン
緑のピーマンではなくて、赤や黄色の肉厚のピーマンがおススメです。
1/2~1/4に切って茹でてから皮をむいて使いましょう。裏ごしをしてピューレーにしたものは、トッピングに便利です。


◎枝豆
夏の定番の枝豆はパパやママも大好きですね。タンパク質・ビタミンA、Cが含まれているので多いに活用しましょう。薄皮は、水の中でむくとカンタンです。
やわらかくゆでて裏ごししたものは、ママのアイディア次第でどんなアレンジもできます。


◎オクラ
ミネラル・カロチン・ビタミンCを含んでいます。
切り込みを入れて、竹串などで種をとりのぞきましょう。ゆでてみじん切りにするか、フードプロセッサーで食べやすくしてお粥と混ぜると程よいトロミが赤ちゃんも食べやすくなります。
煮物、スープ、他の食材と混ぜて焼くなど調理方法もさまざまです。



参照:『gooベビー』


離乳食
にんじんは柔らかくなるまでチンしてください。
材料:バナナ、にんじん、ミルク...
りんごのやさしい甘みで赤ちゃんも大喜び!
材料:キャベツの葉、りんご...
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.