妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

家事

育児休暇

パパの育休事情って?

男性でも育児休暇はとれます。妊婦ママのために赤ちゃんのためについてあげようとすることは素敵です。
イクメン タイトル

育休 イラスト

「育児休業」と「育児休暇」の違いとは

育休 イラスト 女性の社会進出が進み、今や男性も育児に積極的に参加する、「イクメン」が増えつつあります。
その風潮で「育休」という言葉も、世間一般に広く浸透してきました。しかし、この「育休」、実は2種類あることをご存知でしたか?

まず、法律に基づいて実施される「育休」とは、「育児休業」のことです。これは「介護・育児休業法」に基づいて定められたもので、原則として1歳までのお子さまがいる会社員に適用されます。産前産後休暇が終わった翌日から1年間がその期間になります。

また、1年間を過ぎても保育所に入れない場合や、配偶者が何らかの事情で育児できない状態になった場合には、申請すれば1歳6ヶ月まで延長することができます。
また、同じ会社で1年以上働いている実績がある、または、子どもが1歳を過ぎるまでに予定の契約期間が終了せず、その後も継続して働く予定の場合は、必ずしも正社員でなくとも、育児休業を取ることができます。自営業者やフリーランス、議員など、会社との雇用関係がない人には、育児休業という制度そのものがありません。そこで、そういった人たちが育児を理由に仕事を休む場合には「育児休暇」という言葉を使っています。そもそも法律に基づいた制度ではありませんので、自分で決めて自分で取得しているものであり、その期間の金銭的な保障もありません。

パパの『育休』のとり方

育児休業 表 男性の育休の取得率はまだまだ低いです。
会社によっては、条件を満たしていても「前例がない」という理由で取らせてくれない企業もあります。しかし、育児休業は、法律でも認められている立派な制度です。弱気になることはありません。ただ、育児休業をする場合、仕事の引き継ぎやパパの変わりの人材を探す期間も必要になりますので、直前に申請するのではなく、できればママの妊娠が安定期に入ったころには、会社に育休をとる予定だと、伝えておきましょう。

『育休』中のお金は?

子どもが1歳になるまで、本来の給与の50%が「育児休業給付金」として支払われます。
これは雇用保険から支払われるもので、産休に入る1ヶ月前までに会社に「育児休業保険料免除申請書」を提出し、申請が必要です。また、育児休業期間中は厚生年金の保険料の支払いが全額免除になります。
育児休業をしている本人はもちろん、保険料を負担している会社も支払わなくて良い上に、将来、厚生年金を受け取る際には納めたことと同じ扱いで年金を受け取れるというオトクな制度です。
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
育児休暇というと妊婦ママが使うイメージありますが、実はパパも育児休暇をとることはできます。これはパパが育児に熱心になってきたという証ですね。育児休暇をとるためにどうすればいいか、また、育児休暇中のお金などをご紹介します。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.