妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 家事/くらしの豆知識 > パパが知るタバコ・お酒はなぜいけない?!

家事

パパの知るお酒タバコのダメ

パパが知るタバコ・お酒はなぜいけない?!

どうしてタバコやお酒がダメなのか理由が分かればパパも妊婦ママもやめることができるでしょう。
タバコもお酒も、好きなものをやめるのはとても辛いことですよね。でも、ママだって辛いことなんです。ママだけではなく、赤ちゃんにだっても辛いことです。ダメダメと聞きますが、いったい何がどうダメなのかを知ればきっとやめれるはずです。

飲酒やタバコで赤ちゃんにどんな影響が?

パパがどうしようと悩む タバコの煙に含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。おなかの赤ちゃんへの栄養はその血管を通じて届けているのです。つまり、タバコの煙のせいで問題やトラブルに繋がる危険性が大いにあります。また、吸う煙より副流煙と呼ばれるタバコから出る煙の方が悪い影響を与えます。『換気扇の前だから~』なんて言わないで赤ちゃんのためにもやめましょう。

お酒には、赤ちゃんの脳や体に悪影響を与える危険性があります。パパが飲むことによって影響はないように思いますが、酔ったパパを見てママはどう思うでしょうか?「私も飲みたいのに…」と感じているかもしれません。もちろん、仕事上付き合いもありますので、出来るだけ控えるように心がけてあげてください。

タバコで赤ちゃんにどんな影響が?

煙草の喫煙の写真 タバコを喫煙することで、煙の中に含まれるニコチンや一酸化炭素が血管を収縮させ、本来赤ちゃんに届けるはずの酸素と結合し、赤ちゃんに運ばれる酸素が不足する恐れがあります。その結果、流産や早産をはじめ、子宮内胎児発達遅延などのリスクも高まります。

ママが喫煙しなくても、家族が同じ部屋でタバコを吸っている場合、タバコを吸わない人はフィルターを通していない分、喫煙者よりも体内に有害物質を取り込んでしまいます。また家族に喫煙者がいると、早産などのリスクは高くなってしまいます。将来の子どものことを思ってやめましょう。

今後どうすればよい?

タバコに関しては、赤ちゃんが産まれてからも、タバコの煙はよくありません。なので、家の中では決して吸わないように心がけましょう。また、外では吸って家では吸わないという繰り返しより、きっぱりやめてしまっても良いかもしれません。

お酒に関しては、この先ずっと禁酒しなさいとは言いません。しかし、ママの状況も考えて労わってあげるようにしましょう。

妊娠中してはいけないパパの行動・言葉

NG!!つわりの時期にタバコの匂いやお酒の匂いがする!
つわりの時期は匂いに敏感で、耐えがたいものです!また、ママさんが辛い状態にもかかわらず、自分の楽しみを優先してる!!なんて不安定な時期は思ってしまいます。

NG!!連絡せずに急遽仕事の飲み会に出る!
仕事上付き合いもあるので仕方がないことです。そんな時は、電話などで連絡をしましょう。大丈夫だと思っていても、妊娠中どうなるか分からないママは不安でいっぱいです。もうパパになるんです!父親になることを自覚してママに負担をかけたり、『いいだろう』と思わないで!

NG!!ママが寝てからお酒を飲む!
ママのためにも、目の前で飲まないという気遣いはとっても素晴らしいことです。気にしないママならば問題ありませんが、お酒が大好きで飲めない生活に苦しんでいるママならば、もし気づかれてしまったら、「隠れてこっそり飲んでる!!」と言われかねません。バレないようにしっかり隠すか、飲まないようにしましょう。

NG!!換気扇の下でタバコを吸う!
換気扇の下で吸っても変わりはないです。受動喫煙になってしまいます。それでも吸いたいのであれば、煙が行かないようにベランダにでてしっかりドアを閉めて吸いましょう。ママと赤ちゃんのためにも配慮してあげてください。
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
妊婦ママもパパもタバコやお酒がダメな理由がしっかりと分かれば、赤ちゃんのためにもやめることができると思います。パパにとって赤ちゃんとは関係ないように思えますが、実はそうでもないのです。付き合いなどいろいろありますが、一番支えてくれるのは妊婦ママです。たまには労わってあげてください。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.