妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > メールマガジン バックナンバー > 【№27】行事がいっぱい思い出どう残す!?カンタン 可愛い写真の撮

ケータイメールマガジン

メルマガ バックナンバー
【№27】行事がいっぱい思い出どう残す!?カンタン 可愛い写真の撮り方講座!
2013/02/15
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
ママのためのコミュニティサイトママテラス メールマガジン担当のリスです。
                              ママテラス メルマガ 2013/02/15
                                http://www.mamaterrace.com/
◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

いつもママテラスをご利用いただき、ありがとうございます。

昨日はバレンタインでしたね。
皆さん、素敵なバレンタインを過ごせましたか?
中には、お子さまと一緒にパパへのチョコを作った方もいるのでは?

バレンタインイベントが終われば、次はひな祭りですね!
この時期、イベントがたくさんあってパパやママにとっては、
お子さまとの思い出を作るチャンス!
イベント行事の思い出は、あとで振り返ったときに
とても良い思い出になります。

そこで、今回のピックアップ記事では
「思い出をキレイに残す!可愛い写真の撮り方」をご紹介します。


◆─────────────────────────────◆

★今回のメルマガ内容★

【 1 】席数残りわずか!大好評の無料カフェセミナー in 船橋(千葉県)
【 2 】赤ちゃんの人気名前ランキング2012
【 3 】ピックアップ記事☆ 思い出をキレイに残す!可愛い写真の撮り方講座
【 4 】ママテラス公式Face bookページ情報♪

ママの毎日に役立つ情報をお届けしています。

◆─────────────────────────────◆



■【 1 】席数残りわずか!大好評の無料カフェセミナー in船橋(千葉県)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月に関西で開催して以来、ママさんたちに大好評のカフェセミナー。
続々と追加開催が決定し、2月20日(水)、2月26日(火)には、
船橋(千葉県)にて追加開催が決定!!

開催まであと一週間ほどですが、
予約もどんどん埋まっていて席数も残りわずかです。
周辺地域にお住まいのママで、興味のある方は、
ぜひこの機会に参加してはいかがでしょうか?

もちろん、参加費は無料♪
おいしいランチもついてきて、お金の疑問も解決できちゃうお得セミナーです。
パパと一緒のご参加もOKですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
……………………………………………………………
☆。、:*:。.■■セミナー詳細■■。☆。.:*:・'゜
……………………………………………………………
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃●第5回 ママさんのためのおしゃべりカフェ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
ママさんのためのおしゃべりカフェとは、
もうすぐお子さまが産まれるママを対象とした、マネーセミナーです。

ママテラス専属のファイナンシャルプランナーが、
人気のカフェでお子さまに関するお金のことをわかりやすく解説します。

「教育費っていくらかかるの?」「学資保険ってよくわからない…」
などといった疑問もスッキリ解決♪ためになる内容盛りだくさんです。

カフェでケーキを食べながら、ママさん同士で楽しくおしゃべりしませんか?
ママ友同士の参加も大歓迎です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

▼詳細はこちら▼
http://www.mamaterrace.com/news/news/13_0205.html

◇◆プログラム詳細◆◇

日時: 2月20日(水) 11:00~13:00
2月26日(火) 11:00~13:00
場所: 船橋(千葉県) モンテカフェ船橋

■セミナー内容
第1部 マネーセミナー
・教育費ってどれくらいかかるんだろう。
・学資保険のメリットってなんだろう。
・考えられる、学資保険のデメリットは?
・学資保険の加入はいつごろがいいの?
・上手な教育資金の貯め方は?
第2部  ご質問タイム
・専属のライフコンサルタントが分かりやすく解説いたします。

■参加費:無料
■お申込み方法:下記お申込みフォームに必要事項を記入し送信してください。

▼申込フォーム▼
終了いたしました。

▼詳細はこちら▼
http://www.mamaterrace.com/news/news/13_0205.html



■【 2 】赤ちゃんの人気名前ランキング2012
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省が2013年1月24日に発表した「人口動態統計速報」によると、
2012年11月時点での出生数は、980,613人。
2012年も、たくさんの赤ちゃんが誕生しました。
みんな、それぞれどのような名前が付けられたのでしょうか?


気になる2012年の人気名前ランキングの一部をメルマガでも発表♪
(出典:明治安田生命)

【 男の子編 】トップ10を発表!
第9位:蒼空(そら)・龍生(りゅうせい)
第5位:翔太(しょうた)・湊(みなと)・悠人(ゆうと)・大輝(だいき)
第4位:大和(やまと)
第3位:大翔(ひろと)
第2位:颯太(そうた)

そして、堂々の第1位は…

▼こちらからご確認ください♪
http://www.mamaterrace.com/name/ranking.html

その他、人気漢字の「翔」「大」を使った名前も多いですね。
また、去年は辰年の影響で、「龍」を使った名前も人気だったんだとか。

【 女の子編 】
第9位:美桜(みお)・芽衣(めい)・優奈(ゆうな)・美結(みゆ)・心咲(みさき)
第8位:凛(りん)
第7位:心愛(ここあ)
第4位:結愛(ゆあ)・ひなた・心春(こはる)
第3位:???
第2位:???
第1位:???

…気になる女の子のなまえベスト3は、
どうぞこちらからご覧ください♪

▼人気名前ランキング2012
http://www.mamaterrace.com/name/ranking.html

【関連記事】
▼人気名前ランキング2011
http://www.mamaterrace.com/name/ranking2011.html
▼名付けするにあたっての基礎知識
http://www.mamaterrace.com/name/column_001.html
▼赤ちゃんの命名
http://www.mamaterrace.com/name/column_003.html
▼ちょっと変わった名前集
http://www.mamaterrace.com/name/column_002.html



■【 3 】ピックアップ記事☆ 思い出をキレイに残す!可愛い写真の撮り方講座
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お子さまが大きくなったときに後々振り返れるように、
大半のパパやママがお子さまが小さいときの思い出を
写真やビデオに収めていると思います。

でも、「うまく撮れない!」「ベストショットを逃してしまった!」
なんて、悔しい経験をしたことがある方も多いはず。

そこで今回は、お子さまとの思い出をキレイに残すための、
可愛い写真の撮り方についてお伝えします♪


【▽アングルを工夫しよう】
ふとアルバムを見返したとき、ママ目線の高さで撮った
正面写真がずらりと続いていたりはしませんか?

そんな写真が多いという方はぜひ、
お子さまと同じ目線の高さで撮ったり、逆にいつもの目線より高くなるように
台の上から撮ったり、もしくはお子さまより低い目線で見上げるように撮ったりと、
アングルを変えることを工夫してみてください。


【▽構図を工夫しよう】
写真を撮るときに悩むのが、どのような構図で撮ったら良いんだろう?ということ。
記念写真一つとっても、なかなかプロのように撮るのは難しいですよね。

何かの建物やモニュメントと一緒に撮るときは、
それらを背景におさまるようにしながら、
お子さまを少し手前に立たせるように撮るとキレイに撮れます。
このとき、お子さまを写真の中心にするのではなく、
あえて少し中心から外すと、より良い感じに撮れますよ♪


また、ついついお子さまにクローズアップして撮ってしまいがちですが、
思い切ってお子さまから離れて周りの景色と一緒に撮影してみるのも良いでしょう。


【▽フラッシュのタイミングを選ぼう】
例えば夜、室内で写真を撮ったとき、カメラの設定がオートになっていると、
自動的にフラッシュがたかれてしまい、
影やテカリが不自然になってしまうことがあります。

そんなときは、フラッシュの発光を禁止して自然の光を活かした写真に仕上げてみて。
しかし、発光を禁止すると手ぶれを起こしやすいので、気を付けてください。

また、夜の室内での撮影のポイントは、ISO感度を上げること。
目安はISO1600以上です。ただし、感度を上げ過ぎると画質が劣化することがあるので、
画質を優先したい場合は感度をひとつ下げるようにしましょう。


【▽ホワイトバランスを上手に使おう】
デジカメの設定画面の中に出てくる「ホワイトバランス」。
どういうふうに使うの?と疑問をもっている方も多いのでは?


ホワイトバランスは、撮影する場所の光の種類に合わせて、
見た目に近い色に撮るための機能です。

初期設定のオート機能に設定しておけば、
カメラが自動的にホワイトバランスを調整してくれるのですが、
このホワイトバランスの設定値を変化させることで、
意図的に色味を変化させて撮ることも可能です。

例えば「白熱灯」は、青色をかぶせいているので、クールで涼やかな感じに。
「くもり」は、オレンジ色をかぶせていて、少しあたたかい印象に。
「日陰」は、赤味や黄色味が増すので、
夕日などのオレンジを強調したいときにオススメです。

ホワイトバランスの特性を理解し、
カラーフィルターとして普段と少し違った写真を撮ってみましょう♪

少しの工夫で、いつもと少し違った写真を撮って、
ステキな思い出を残してあげてくださいね。