妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

お金とくらし

貯金・預金で貯めるアイコン

貯金・預金で貯める

「銀行預金」は投資のようにリスクがないので、誰でもできる安全な資産運用
掲載日:2012.07以前

お金を確実に貯めることができるのが「銀行預金」です。投資のようにリスクがないので、誰でもできる、安全な資産運用と言えます。投資で資産運用するにもまずは資産が必要ですので、安全に貯蓄をすることは、資産運用の上で最も大切なことだと言えます。

口座を分けて上手に活用しよう!

銀行に預けて貯蓄をする場合、お金の預け先を普段使う口座と別に持つことがオススメです。給料の振込先に使う口座と、毎月決まった金額を預け入れる貯蓄用の口座。さらに、クレジットカードなどの引き落とし専用口座も使い分けることができれば、あなたも銀行預金上級者!

 
口座その① メイン口座

給料の振込先の口座です。
住居費や電気、水道、ガス、通信費など月々の決まった費用を引き落としてから、口座に残った金額がその月の支出額になります。
口座その② 貯蓄用口座

毎月決まった額を預け入れる貯蓄専用口座は、振込手数料がかからないよう、メイン口座と同じ銀行にすることがオススメ。また、少しでも金利の高いところを利用するとよいでしょう。
 
口座その③ 引き落とし専用口座

クレジットカードの利用分など、後日決算の引き落とし分を、使用ごとにメイン口座から移し替えるための専用口座を作りましょう。週に一度はチェックをして、移し替えるようにすれば、クレジットカードのムダ遣いを大幅に防げますよ。
いぬ イラスト
 

口座チェックで増える口座を見つけよう!

銀行は、お金を集めてそれを貸付などで運用しています。「銀行にお金を預けている」というのが一般的な感覚かもしれませんが、お金を預けるということは「銀行にお金を貸す」ということ。そのため、銀行から金利を受け取ることができるのです。最近はどこの金融機関も不景気の影響で低金利ですが、どこでも同じわけではありません。少しでも金利の良いところに預けるだけで、受け取るお金は変わってきます。下記の表をチェックし、少しでもおトクにお金を貯めるようにしましょう。

口座 図


ネットで預けるほうがお得?
チェック表で各金融商品の金利をみてみるとおわかりだと思いますが、不景気のこの時代、金利に多少差があるといっても、やっぱり低いですよね。「もっと金利の高い商品はないの?」そう感じたママにオススメなのが、『ネット定期』です。ネット定期とは、その名のとおりインターネットで預け入れする定期預金のこと。大きく分けて3種類のネット定期があります。
店舗を持たないインターネット専業バンクの定期預金
店舗を持たないネット専業バンクは、コストがかからない分、金利が高く設定されています。ボーナスシーズンなどのキャンペーン金利はさらに金利が高くなるので狙い目。
 
銀行のインターネット支店で扱う定期預金
インターネット支店とは、一般的な銀行のネット専用支店のこと。同じ定期預金でも、インターネット支店の方が高い金利が設定されています。また、銀行が全くちがう業種の企業と提携して作ったインターネット支店もあり、こちらは口座を利用するとその企業から何らかの特典付き。
 
銀行のネットバンキングを使って預け入れる定期預金
 
では、一般的な銀行に預けるのとでは、一体どれほどのちがいがあるのでしょうか?もちろん、預入金額や期間によっても金利は変わります。ちなみに、100万円を1年という預入期間で比較してみると、
銀行 イラスト 大手の都市銀行を含めた全国平均金利は0.025%、ネット銀行の場合だと0.3%ほどになっています。そして注目すべきはやはり、ネットバンクのキャンペーン金利。普通の銀行よりも高いのに、さらに高くなります。

このように、預け先を変えるだけお得に貯めることができます。しっかりと金利をチェックするくせをつけて、少しでもお得に貯めるようにしましょう!
 

記事の参考サイト

■All Aboutマネー
 
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
貯金・預金で貯めているママには、ちょっとしたコツを知っておいた方が今後のためになりますので、ぜひ一読してください。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.