妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

お金とくらし

>冬の節約暖房アイコン

冬の節約暖房

暖房機器の中でどれが一番光熱費が安いのでしょうか。
掲載日:2012.07以前

家族 イラスト
冬の必須アイテム!この中で一番光熱費が安く節約できるのは??
ホットカーペット イラスト エアコン イラスト こたつ イラスト
カーペット イラスト
ホットカーペット

ホットカーペットの節電で気を付けたいのは、必要な場所だけ温め、設定温度を控えめにすることです。また一人で使用するときなどは、半分だけスイッチを入れるように切り替えましょう。
設定温度は「強」から「中」にした場合、一日5時間の使用で、ワンシーズン約4,090円の節約になります。
設定温度を低くしても暖かく過ごせるよう、できるだけムダな放熱を抑えるようにしましょう。特にフローリングの上に直にホットカーペットを敷いている場合は、床方向への放熱が多いので、断熱シートなどがオススメです。
 
エアコン イラスト
エアコン

エアコンは、他の暖房器具と比べて消費電力が高く、光熱費も高めです。そこで、暖房が必要な季節は、厚手のカーテンを窓に下げることで冷気が外から来るのを防いだり、窓ガラスに「プチプチ」を貼り、熱が外に逃げるのを防ぐことが必要です。
また、フィルターが目詰まりすると、送風機能が低下して部屋中に暖かい空気が循環しにくくなり、暖房効率も下がります。フィルターは2週間ほどで汚れがたまってくるので、こまめにお掃除を心がけましょう。
 
こたつ イラスト
こたつ

電気こたつは、掛け布団だけでなく、敷布団も使うと6%の省エネになり、掛け布団の上に毛布などの上掛けをするとさらに9%、合計15%の省エネになります。
こたつの設定温度は「強」にしていませんか?実際は「中」でも十分暖かくなります。設定温度を「強」から「中」にすれば消費電力量も20%~30%近く減り、ワンシーズンでなんと約1,100円の節約となります。
 

記事の参考サイト

■みんなの節約
■素敵ママ応援SHOP
 
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
寒い時期は、暖房器具が恋しくなりますよね。しかし、そんな暖房器具も光熱費が嵩張る厄介な存在です。賢く温まるためには、今回の記事が役に立ちます。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.