妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

名付け

命名

赤ちゃんの命名

赤ちゃんに名前をつけてあげることは責任重大です!それくらい悩んでいいものなのです。
2人で調べる

[参考]2人で調べる

"名前"というのは、産まれてひとたび命名されてから、その長い生涯を終えるまで、もっというと、生涯を終えてからも代々語り継がれていく、とても大事なものです。そして、名前は単に他の人と区別するためのものだけではなく、その人自身の社会的な存在や個性を社会に認知してもらう、という深い意味も持っています。
ですので、産まれてくる赤ちゃんの名前を命名することは、パパとママにとって、とっても責任重大なお仕事なのです。そのため、世の中には『姓名判断の本』など、字画や文字のバランスなどを比較し、どんな名前が良いか調べることができる本がたくさん出版されていますよね。
また、お寺や神社などでも命名してもらえるところがあります。

姓名判断はいつからできたの?

では、このような姓名判断はいつからできたのでしょうか。ご存知の方はあまりいらっしゃらないかもしれませんね。"姓名からその人の運命を探る"というこの占いは、もともと中国で漢字の発生とほぼ同じ頃から行われていたと伝えられています。
中国では「析字法」というものがあり、これが姓名判断の主流を成しているという説もあります。しかし、文字の画数を中心とする姓名判断術は日本独自のもので、姓名判断が盛んになったのは、庶民が姓を名乗ることを許されるようになった明治3年以降のことだとか。意外と姓名判断の歴史は新しいのですね。

姓名判断の豆知識

姓名判断とは、名前(姓・名)の字画数、発音、陰陽からその吉凶を判断すること。現在日本で行われている姓名判断の大多数は、明治から昭和初期にかけて熊崎健翁氏が世に広めた、「熊崎式姓名判断」が元になっています。

右のような図、一度は見たことがあるのではないでしょうか?

「熊崎式姓名判断」の特徴のひとつとして、姓名を天格・人格・地
格・外格・総格の5格に分け、それぞれの画数をもって吉凶を判断
する、「五格剖象法」があります。そして、熊崎式姓名学では個々
の画数だけでなく、5つの格のバランスや関係性も考慮に入れ、
正確な吉凶を判断します。

また、1~81までの画数の吉凶を記した「数理霊動」を用いるのも
特徴のひとつです。画数の算定には、略字(常用漢字)や偽字な
どを用いずに、本来の字形である正字を用います。現在ではたく
さんの鑑定家がおり、派によってはカウント方法のルールが細か
く異なり、戦後の字体である新字体で画数をカウントする流派も出
てきています。どの方式に則って判断するかによって、その姓名
判断の結果が大きく左右されるというのが現状のようです。

姓名判断って本当に意味はあるの?

全国で年間105万7千人(2011年)の赤ちゃんが産まれている現在、その多くが姓名判断に基づいて命名されています。でも、そもそもこの姓名判断、本当に意味があるのでしょうか?
姓名判断の基準としては、

①字義の吉凶
②字画数の組合せ
③字画数の奇数・偶数の組合せ
④字音の組合せ
⑤字画の運数


出典:「日豪プレス」

の5種が挙げられます。

姓名判断は統計的に実証されている事実である、とも言われていますが、その答えははっきりしていません。しかし日本には古くから、「言霊(ことだま)」という言葉があるように、文字や言葉にはエネルギーがあるといわれていますよね。また、言葉を発する"音"は、耳を通して大脳を刺激し、影響を与えます。名前は、文字で書いたり、耳で聞いたり、自分で発したり、その人の生涯を通して最も多く触れる言葉。そう考えると、名前に用いる字や発音などは、少なからず性格や生き方に何らかの影響を与える、といえるのではないでしょうか?大切なお子さまのために、人生が明るくなるようなステキな名前を付けてあげたいですね。

記事の参考サイト

■日豪プレス
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
名前だけでなく、言葉や文にも「言霊」ってあると思います。読んでいて心地よかったり思いが伝わってりするものです。もしかしたら、名前にも本当に強いパワーがあるのかもしれませんね。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.