妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

名付け

名づけ~秋編~

名づけのルール

名づけには細かいルールが設けられています。使用不可の名前もあるので注意!

赤ちゃんの名前は、好きなようにつけることができるわけではありません。法律上の決まりや制限がありますので、それを確認したうえで赤ちゃんの名前を考えてあげましょう。

法律上名前として使える字・使えない字がある

赤ちゃんの名前には、使える字と使えない字があります。せっかくいろいろ考えて良い名前をつけても、出生届が受理されない…なんてことがありますので、よく注意して名前を考えましょう。


使える字
人名用漢字
亮・凛・杏・楓 等
常用漢字
愛・華・希・優 等
漢数字
一・二・三・壱 等
ひらがな・カタカナ
あ・い・ア・イ 等
長音符号
ー 等
繰り返し符号
々・ゝ・ゞ 等

使えない字
人名用漢字・常用漢字ではない字
檸・檬・剋 等
算用数字・ローマ数字
1・2・Ⅰ・Ⅱ 等
アルファベット
a・b・A・B 等

子どもにふさわしくない字
非常識な字
悪・苦・辛・殺 等
注意 頭
使える名前かどうかはネット上で調べることができます。

使ってもよい字なのか考える際に、漢和辞典を開きながら調べるとスムーズです。字に、常用漢字や人名漢字など掲載されています。また、法務省のウェブサイトでチェックもできますので、ぜひ!

注意 おしり

読みは自由ですが、読みやすい名前にすること

使える字には制限がありますが、実は読みについての規定がなく自由です。ただし、基本的には「音読み」「訓読み」など一般的なものを使った方が良いでしょう。名前の時だけに使える読み方である「名のり」を使うのも良いのですが、あまりに逸脱したものは避けるようにします。親として可愛いわが子のことなので、可愛い名前にしたいものですが、子供自身が今後の人生で損や苦労をすることがないようにしてあげてください。


名前の注意点

本当は読めない漢字の読み

漢字に本来の読み方ではない読み方をさせることを「あて字」といいます。最近よく赤ちゃんにつけられる「あて字」ですが、普通に読める場合と、なかなか読めない字があります。よく考えてから使うようにしましょう。

明らかにあて字の例
月(るな)、海(まりん)、輝(ぴか)、空(すかい)、星(きらら) 等

最近よくあるあて字の例
蒼(あ)、海(う)、桜(お)、楓(か)、心(こ)、叶(と)、望(の)、音(のん)、陽(ひな)、楽(ら) 等

注意 頭
一度つけた名前の変更は簡単にすることは出来ません。

一度つけた名前を変更するには、いくつかの手続きをしなければいけません。家庭裁判所に申し立てをし、申請理由が通ったのちに、改名ができるので、時間も手間もかかります。改名することのないように名前を考えましょう。

注意 おしり

名づけのチェックポイント


MEMO

パソコンでもすぐに変換できますか?
PCやモバイルなどで簡単に変換できるかは意外に重要になります。

ネットで名前を検索してみましたか?
同姓同名がいるか、いた場合どんな人なのかを知っておくとよいでしょう。

家族がみんな納得しましたか?
これから家族が一番たくさん呼びかける名前になります。じっくり話し合いましょう。

読みやすさや、聞きやすさは?
スムーズに読めるか、聞き取れるかをチェックしておきましょう。噛みやすい名前はNG

イニシャルにしてもおかしくない?
イニシャルにした際に、「W.C(トイレ)」などにならないかチェックしてください。

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
赤ちゃんの名前を決める・考える場合には知らなきゃいけないルールがたくさんあります。また、知っていないと損をしてしまうことや、赤ちゃんの将来恥ずかしい思いをすることもあります。ぜひ参考にしてください。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.