妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

TOPICS|10月のおすすめ記事:【特集Vol.02】ママテラス10月の特別企画 ピンクリボン特集

ピンクリボンって何?

いつも当サイトを応援してくださっている「保険テラス」(※)による特集記事です。
がんへの備えとして「がん保険」がなぜ必要なのかご紹介いたします♪

備えておくことの大切さ

もしも、がんになってしまった場合…
日本には、医療費の自己負担額が高額になった場合、ある一定額以上の支払いが免除される制度(高額療養費制度)や、確定申告すれば税金が返却される(医療費控除)など、いくつかの制度があります。
また、治療のために求職や退職をし、収入が減った場合に収入の減少を補てんする制度(傷病手当金)もあります。これらの制度は経済的な負担を減らすために役立つものですが、先進医療など、対象にならない治療法もあります。高額療養費制度などの制度を活用することに加えて、自分の力で備えておくことはとても大切です。

高額療養費制度 医療費控除 傷病手当金

対象にならない場合もある

矢印

自分で備えておくことが大切

医療保険とがん保険

「医療保険」は病気全般において入院給付金や手術給付金などが出ることに対し、「がん保険」は「がん」に限定して備えることができる内容になっています。

「じゃあ、医療保険に入っていればがんにも対応できるってこと?」
と言えば、そうとは限りません。

がんになると治療費がかかる上に、治療期間も長くなります。そのため、医療保険ではカバーしきれない可能性があります
そういった「医療保険ではカバーしきれない範囲」について備えることができるのが、「がん保険」なのです。

がん保険内容の一例
■診断…がんと診断されたら診断給付金
■入院…がんで入院したら入院給付金
■手術…がんで手術したら手術給付金
■その他…がんで通院・退院などで給付金

※これは一例です。保障内容は会社・商品によって変わります。

2014.10.01 保険テラス

 

(※)「保険テラス」とは…生命保険や損害保険など30社以上を取り扱う、来店型の保険ショップ。
保険に関する疑問や悩みを解決し、お客様に最適なプランのご提案を行っているお店です。

保険テラスバナー  

ピンクリボンフェスティバル2014 開催!

ピンクリボンフェスティバルは、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ために、2003年からスタートしたイベントです!ピンクリボンフェスティバル2014は、10月2日(木)の東京の会場で行われるオープニングイベントを皮切りに開催されます!
会場となるのは、東京・名古屋・神戸・仙台の4都市。
詳しくは「ピンクリボンフェスティバル2014」でLet's検索!

[an error occurred while processing this directive]